藤沢市 Archive

藤沢市「O」様邸

【雨戸修理】木製雨戸レールのすり減りには 2

当ブログで一番良く読んでいたいている記事は、木製雨戸レールのすり減った部分の修理です。

「すり減った木製雨戸レールの修理では….」の関連記事が一番人気があります。

それだけお困りの方が多いのでしょう。

以後のメンテナンスから考えますと、木製雨戸レールを取り外して

アルミサッシの雨戸レールに交換すれば一番いいのですが、

外壁部分の絡みもありますから、費用増のこともありなかなかお勧めしにくい部分です。

の藤沢市「O」様邸の雨戸レールも長年の使用で雨戸レールの溝がすり減ってきていました。

上記のように費用がなるべくかからない、雨戸溝に金属製の板をはめて

摩耗を抑え、滑りを良くするという工事をしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

雨戸レール2

既存木製雨戸レール内の溝の段差の調整

雨戸レール1

雨戸レール内に金属板をはめ込んだところ

ビス穴を座堀して、雨戸が引っかからないようにします。

雨戸補強

雨戸立て板の補強

こうすればしばらく雨戸の開けしめには支障がないものと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

藤沢市「T2」様邸

【リフォーム】インプラスの障子タイプでペットの爪研ぎ対策にした場合

藤沢市の「T2」様邸ではペットの猫の爪研ぎで、障子、襖が大分傷んでしまっていました。

障子は格子がほとんど外れている部分があります。

また、襖は紙製ですから、爪の跡が表にも裏にも出てしまっています。

お困りということで、障子部分はインプラスの障子タイプにして

猫が爪で引っ掻いてもキズが目立たず、また紙のように見えるのは

障子調のガラスです。こちらも爪では破れません。

さらに、今まで襖だった部分はポリ板のフラッシュ製の押入戸にしました。

これでペットの猫の爪研ぎ対策なったかと思います。

お客様のひと言は「ずいぶん立派になったわね。」でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インプラス障子2

 インプラス障子タイプ 外観

インプラス障子1

インプラス障子タイプ 内観

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

藤沢市「Y2」様邸

【現場調査】屋根の塗装がケバ立つクレームとは

藤沢市の「Y2」様から屋根の塗装の件でご連絡をいただきました。

屋根の塗装がはがれかかっているというのです。

自分が普段お願いしているペンキ屋さんと訪問しました。

訪問してみて見ると、確かに屋根カラーベストの塗装が毛羽立っています。

屋根近景で見えるかと思います。

自分は原因が分かりませんでしたがペンキ屋さん談では、

塗っている回数が一回だけなので、食いつきが悪く剥がれたのだろう。とのことでした。

施主様の話では、外壁も足場を掛けず短期間で終わっていたそうですので一回塗りと思われます。

費用を安く抑えるために、工数を少なくしてしまったのだと思います。

塗装工事は、工事の出来がわかりにくい作業のひとつです。

しかし、このように何年か後に表面に現れてきますので手を抜けません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

屋根の塗装2

屋根遠景

屋根の塗装1

屋根近景

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

藤沢市「O」様邸

【リフォーム】外壁、屋根と木部の塗り替えでは

藤沢市の「O」様邸の壁、屋根、木部の塗り替えをしています。

築年数は前回の記述の通りですが、木部の傷みは進んでいます。

塗装が蛇の皮のようにひび割れてはがれかかっています。塗り替え時です。

繰り返しですが、ペンキの善し悪しは何年か経たないとわかりません。

一般に、塗膜を薄くすれば早く劣化し、厚くすれば劣化しにくくなります。

工事を早く進めるときには薄くして塗りやすくします。

また、一層にして早く終わるようにする訳です。工事が終わってすぐは違いがわかりません。

二三年するとどのようにした塗装工事だったかがわかります。

飛び込みの営業で塗装工事を頼んだ方では、上記のパターンの仕事をされたようでした。

塗膜が薄いんですね。二年ほどしてはがれかかっていました。

工務店は、各業者の動き、働きぶりを何度も見ていますので自然とフィルターされます。

二三年して塗り替えの塗装がはがれることはないかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

戸袋1

雨戸戸袋遠景

戸袋2

雨戸戸袋近景

鼻隠し塗装1

軒先鼻隠し

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

藤沢市「T2」様邸

【リフォーム】ペットでこまることとは

藤沢市の「T2」様からご連絡があり伺ってきました。

ペットとして猫が五匹おり、中にはおとなしい猫もいますがこのように元気なものもいる訳です。

爪研ぎのツールもあるそうですが、そのほかにこういうことをします。

来客のおりにこまるので張り替えてほしいということでした。

しかし、同じ紙製のものでは同じことになってしまいます。

そこで、ポリ板製の建具を提案しました。それですと、傷がつきますがこのようにはがれません。

そのほかに障子の紙を破ったり、その上障子の桟を折ったりと大変元気な猫たちがいます。

その部分には、インプラス + 障子風ガラス戸を提案しました。

ペットと襖2

押入襖の表側

ペットと襖

 押入襖の裏側

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

藤沢市「O」様邸

【雨戸修理】木製雨戸レールのすり減りには

藤沢市の「O」様邸に点検で伺ってきました。昭和56年築だそうで、築30年超になります。

十年少し前に一度外壁を塗られているそうですが、木部の塗装のはがれが至る所にあります。

こちらのお宅も多分に漏れず、雨戸レールがすり減っています。

木製雨戸レールは、外壁の絡みもあって取り替えるには周囲の外壁の補修が発生しますから、

簡単に取り外すことができません。

雨戸戸板だけアルミ製に交換して、木製雨戸レールはそのまま使うということになります。

しかしながら、そのアルミ製の雨戸をさらに長く使っていると木製の雨戸レールは

だんだんすり減ってきて、雨戸の調整可能長さを超えかかると外れやすくなってきます。

そのためこちらも雨戸レールのすり減り対策をしなければなりません。

また、雨戸戸袋部分を固定している釘の締め付けが甘くなり、離れてきます。

こちらの固定も必要です。

どうして、以前工事された大工さんや工務店に声をおかけせず、私どもに。

という疑問がいつもありますが、築年数につれ、大工さんも年齢を重ね廃業したり、

工務店さんが立ち行かなくなったりしていることがあります。

景気の善し悪しと時代の流れかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

雨戸レール2

木製雨戸レールのすり減りのチェック

雨戸レール

雨戸戸袋部分の固定のチェック

短尺スケールを当てて隙間をチェックしているところ。

ここに隙間があると、釘の締め付けが甘くなっていて、緩んでいます。

この場合には固定が必要です。写真では見えませんが、雨戸の戸袋の底板もチェックします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

藤沢市「M2」様邸

【リフォーム】壁に埋め込まれた雨戸戸袋

リフォーム工事のお見積時に伺ったときに拝見した部分です。

戸袋鏡板がモルタルになっているのは以前の仕様ですので時たま見かけます。

しかし、雨戸鏡板がモルタル壁に埋め込まれているのははじめて見ました。

通常入隅につく雨戸レールは使える寸法が短くなりますので入隅用と言う柱一本分

短いものが用意されています。そうでない場合はカットして作ります。

なぜならこのように外壁に埋め込まなくてすむようにです。

戸袋がモルタル式で壁一体式になっている時は問題有りませんが

アルミ製だと、モルタルと伸縮が違うために壁にひびが入ってきたりして雨漏れの原因になります。

10年ほど前に壁の塗装をされているそうですので目立たなかったと思います。配慮したい部分です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

埋め込まれた雨戸

モルタル壁に埋め込まれたアルミ製雨戸戸袋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

藤沢市「A」様邸

【リフォーム】木製サッシの交換3

藤沢市「I」邸の木製サッシの交換ですが、断面はこのようになります。

詳細の資料はダウンロードデータ一覧からごらんください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サッシ断面図

新規サッシ断面図

既存柱、床を傷める事無くアルミサッシに交換が可能です。

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

藤沢市「A」様邸

【リフォーム】木製サッシの交換2

藤沢市「I」邸の木製サッシをアルミサッシに交換の工事をお受けしました。

敷居にかまぼこ式のレールを釘打で取り付けてあり、そのレールを使ってスライドさせる式の

ものですので取外してからカバー工法でアルミサッシ枠敷居を取り付けます。

下記の手順で取り付けました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

既存サッシ取り外し

既存木製サッシ取り外し

水分を吸って大変きつくなっています。

ケレン

既存レールの跡部分のケレン

溝清掃

サッシ枠取付用の溝を作成

鴨居溝調整

サッシ枠鴨居取付用の調整

調整下地板加工

調整用下地板の加工

コーキング

サッシ取り付け、コーキング

完成

完成

後付け用のサッシですので気密製を高めてあります。その分開け閉めが若干きつくなりましたが

潤滑油をちょっとさすと軽くなりました。これでサッシ窓の開け閉めが楽になると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

藤沢市「A」様邸

【リフォーム】木製サッシの交換

藤沢市「A」様より木製サッシの事で相談を頂きました。

木製サッシが締まりが悪く交換したいとの事でした。

木製サッシは趣が有りますが、長年風雨にさらされますと、

堅木であっても、反り、ねじれ、膨張などによってくるいが出てきます。

新設の当時は開け閉めが軽いものが徐々に重くなって使いづらくなります。

状況は以下の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

木製サッシ1

現在の木製サッシの状態

柱のようす、木製サッシのくるい等を見ています。

木製サッシ2

木製サッシ全景

この木製サッシ四枚をアルミサッシに取り替えたいとの事でした。

寸法は木造在来工法の定尺(既製の巾)に納まりますが、

アルミサッシ枠を内側に新たに入れなければなりません。その細工が少しむずかしいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓