藤沢市「O」様邸 Archive

藤沢市「O」様邸

【雨戸修理】木製雨戸レールのすり減りには 2

当ブログで一番良く読んでいたいている記事は、木製雨戸レールのすり減った部分の修理です。

「すり減った木製雨戸レールの修理では….」の関連記事が一番人気があります。

それだけお困りの方が多いのでしょう。

以後のメンテナンスから考えますと、木製雨戸レールを取り外して

アルミサッシの雨戸レールに交換すれば一番いいのですが、

外壁部分の絡みもありますから、費用増のこともありなかなかお勧めしにくい部分です。

の藤沢市「O」様邸の雨戸レールも長年の使用で雨戸レールの溝がすり減ってきていました。

上記のように費用がなるべくかからない、雨戸溝に金属製の板をはめて

摩耗を抑え、滑りを良くするという工事をしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

雨戸レール2

既存木製雨戸レール内の溝の段差の調整

雨戸レール1

雨戸レール内に金属板をはめ込んだところ

ビス穴を座堀して、雨戸が引っかからないようにします。

雨戸補強

雨戸立て板の補強

こうすればしばらく雨戸の開けしめには支障がないものと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

藤沢市「O」様邸

【リフォーム】外壁、屋根と木部の塗り替えでは

藤沢市の「O」様邸の壁、屋根、木部の塗り替えをしています。

築年数は前回の記述の通りですが、木部の傷みは進んでいます。

塗装が蛇の皮のようにひび割れてはがれかかっています。塗り替え時です。

繰り返しですが、ペンキの善し悪しは何年か経たないとわかりません。

一般に、塗膜を薄くすれば早く劣化し、厚くすれば劣化しにくくなります。

工事を早く進めるときには薄くして塗りやすくします。

また、一層にして早く終わるようにする訳です。工事が終わってすぐは違いがわかりません。

二三年するとどのようにした塗装工事だったかがわかります。

飛び込みの営業で塗装工事を頼んだ方では、上記のパターンの仕事をされたようでした。

塗膜が薄いんですね。二年ほどしてはがれかかっていました。

工務店は、各業者の動き、働きぶりを何度も見ていますので自然とフィルターされます。

二三年して塗り替えの塗装がはがれることはないかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

戸袋1

雨戸戸袋遠景

戸袋2

雨戸戸袋近景

鼻隠し塗装1

軒先鼻隠し

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

藤沢市「O」様邸

【雨戸修理】木製雨戸レールのすり減りには

藤沢市の「O」様邸に点検で伺ってきました。昭和56年築だそうで、築30年超になります。

十年少し前に一度外壁を塗られているそうですが、木部の塗装のはがれが至る所にあります。

こちらのお宅も多分に漏れず、雨戸レールがすり減っています。

木製雨戸レールは、外壁の絡みもあって取り替えるには周囲の外壁の補修が発生しますから、

簡単に取り外すことができません。

雨戸戸板だけアルミ製に交換して、木製雨戸レールはそのまま使うということになります。

しかしながら、そのアルミ製の雨戸をさらに長く使っていると木製の雨戸レールは

だんだんすり減ってきて、雨戸の調整可能長さを超えかかると外れやすくなってきます。

そのためこちらも雨戸レールのすり減り対策をしなければなりません。

また、雨戸戸袋部分を固定している釘の締め付けが甘くなり、離れてきます。

こちらの固定も必要です。

どうして、以前工事された大工さんや工務店に声をおかけせず、私どもに。

という疑問がいつもありますが、築年数につれ、大工さんも年齢を重ね廃業したり、

工務店さんが立ち行かなくなったりしていることがあります。

景気の善し悪しと時代の流れかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

雨戸レール2

木製雨戸レールのすり減りのチェック

雨戸レール

雨戸戸袋部分の固定のチェック

短尺スケールを当てて隙間をチェックしているところ。

ここに隙間があると、釘の締め付けが甘くなっていて、緩んでいます。

この場合には固定が必要です。写真では見えませんが、雨戸の戸袋の底板もチェックします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓