藤沢市「O」様邸

【雨戸修理】木製雨戸レールのすり減りには

藤沢市の「O」様邸に点検で伺ってきました。昭和56年築だそうで、築30年超になります。

十年少し前に一度外壁を塗られているそうですが、木部の塗装のはがれが至る所にあります。

こちらのお宅も多分に漏れず、雨戸レールがすり減っています。

木製雨戸レールは、外壁の絡みもあって取り替えるには周囲の外壁の補修が発生しますから、

簡単に取り外すことができません。

雨戸戸板だけアルミ製に交換して、木製雨戸レールはそのまま使うということになります。

しかしながら、そのアルミ製の雨戸をさらに長く使っていると木製の雨戸レールは

だんだんすり減ってきて、雨戸の調整可能長さを超えかかると外れやすくなってきます。

そのためこちらも雨戸レールのすり減り対策をしなければなりません。

また、雨戸戸袋部分を固定している釘の締め付けが甘くなり、離れてきます。

こちらの固定も必要です。

どうして、以前工事された大工さんや工務店に声をおかけせず、私どもに。

という疑問がいつもありますが、築年数につれ、大工さんも年齢を重ね廃業したり、

工務店さんが立ち行かなくなったりしていることがあります。

景気の善し悪しと時代の流れかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

雨戸レール2

木製雨戸レールのすり減りのチェック

雨戸レール

雨戸戸袋部分の固定のチェック

短尺スケールを当てて隙間をチェックしているところ。

ここに隙間があると、釘の締め付けが甘くなっていて、緩んでいます。

この場合には固定が必要です。写真では見えませんが、雨戸の戸袋の底板もチェックします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月4日金曜日 12:29:29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.