神奈川県 Archive

藤沢市「T」様邸

【メンテナンス】室内ドアの戸当たりがはずれてしまう時には

室内ドアには、扉、ドアを締める時に当たる、通称戸当たりと言う部品があります。

これは製作メーカーの多くや、ごくまれに自作で枠をつくられる工務店さんによって、

はめこみ式で取付けることがあります。そのはめこみ式の戸当たりが、なんかの拍子で

ゆるくなってはずれてしまう時があります。そのときには抑えのために、隠し釘を使います。

あとで戸当たりを外すこともあるでしょうから、接着剤は付けないで釘だけ打ちます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Toatari 02

戸当たりの断面図

Toatari 01

戸当たりの姿図

Toatari 01

隠し釘

打ち込んだ後に、青いクッション部を金槌で軽く叩くとその部分のみはずれます。

今回はもう少し長くないと掛かりが少ないようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

茅ヶ崎市「I3」様邸

【アフターサービス】高断熱住宅の冷暖房効果の実感では

建具の調子が悪いと言うこともあって、茅ヶ崎の「I3」様に一年点検も兼ねて伺いました。

こちらの「I3」様邸は施主様が設計事務所様ということもあって、間取りに特徴があります。

建物が大きく(延べ63坪)中央に12畳の吹き抜けとリビング階段が有り、間仕切りが少ないのです。

そのほかに書架(壁面本棚)がリビング階段脇に一階床から二階の天井付近まで続いています。

圧倒される室内景観です。

「I3」様邸は、夏冬を過ごされましたのでどのように、冷暖房をされたのか興味がありました。

暖房設備としては、都市ガスのガス給湯式床暖房を取付けました。エアコンは工事していません。

24時間換気ですが、シーリングファンはありませんから、換気方式は自然換気になります。

市街地に有って、屋根壁への吹き付け式断熱材を施工ですが、このような冷暖房システムですから、

夏はともかく冬は寒かったのではないだろうかと気になりましたので、感想をお聞きしてみました。

屋根面はほとんど片流れになっていて、北面ロフト高窓から自然観気がしやすくなっています。

三四日は冷房が欲しいと言う日が有ったそうですが、ほぼ夏はエアコン無しで過ごせたそうです。

冬は床暖房の暖気が思いのほかに二階に上がって暖かく、暖房が足りない時はガスストーブでと、

言う風に過ごせたそうで、それほど冷暖房システムに頼らない生活をされていると思います。

高い効率の断熱材を使っていますが、大空間で間仕切りが少ないと言うパターンは多く有りません。

ですので冷暖房に御苦労されるのではないかと言う事が心配でした。が、杞憂に終わりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

枕木 玄関回り ルンバ

枕木仕様フェンス──────────玄関部分──────────ルンバ

外構フェンス部分には、こちらの枕木を使いました。たっぷりと油がしみ込んでいましたので、

重く、ボルト穴を開けるのに難儀したようです。また、鉄筋コンクリート製の基礎に

差し込んでいるわけではなく、控えを通称ドブ付け(亜鉛溶融メッキ製)Cチャンネルの鋼材で

支えています。ですので、長期間ぐらつかないのではないかと思います。L-90×75×9

こちらのルンバは、スタンダードタイプですが、お引き渡しの記念品でお渡ししたものです。

普段は二階でお使いのようですが、今度は一階です。段差が無いフラットな室内で活躍します。

書架内観

リビング階段と書架

一二階通しの高さの書架です。吹き抜けとリビング階段があいまって圧倒される室内内観です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

藤沢市「T」様邸

【メンテナンス】勝手口ドアクローザーのボルト切れと異音では

藤沢市の「T」様からドアサッシの不具合の件で連絡がありましたので伺って来ました。

一階勝手口ドアクローザーと二階のバルコニーへ出る部分のドアと二カ所の部分の問題です。

一階勝手口では、ドアクローザーのアームを止める部分の接続ボルトの頭が取れています。

固定ボルトがねじ切れていますので強度不足か、解放時に強風であおられたかも知れません。

二階ドアクローザーは開閉時に異音がします。いずれも大手サッシメーカー「Y」社製品です。

ドアを止める為の部品がドア開閉時にこすり合わされます。その摩擦音が大きいわけです。

通常はグリススプレーをかければ止まりますが今回は止まりませんので外して修理が必要です。

ドアクローザーを使う開口部が3カ所有るが残りの一カ所は玄関ドアで他社製で不具合無し。

しかもその部分は玄関ドアのため使用頻度が一番多く、不具合が有るなら一番先に出るはず。

と、考えました。このドアクローザーヒンジ部分のボルトは単品で注文出来ませんから、

(製品の仕様で)セットごと注文しなければなりません、この点は工事店が困ります。

さらにボルトの頭が切れている事で芯が残っていますので取り出すのに手間がかかります。

二重の意味で作業がしづらいにことになりますから、作業員に人気がありません。

通常のパターンとしては、大手サッシメーカー「L」社のものを使う事が普通ですが、

今回の藤沢市「T」邸は設計事務所様からの依頼で新築木造住宅を建築時に製品指定ありでした。

それですので各サッシは指定のメーカーになった経緯が有ります。玄関ドアのみ他メーカーです。

苦情、不具合が発生しやすいものは、施主様に満足して頂けませんから使用にとまどいます。

こちらの会社製のものは自分としては使わないようになるのではないかと考えています。

私がお勧めしにくいメーカーの内装材製品としては大手メーカー「P」社のものがあります。

何処のメーカーでも、いくらかは確率的に不良品が発生します。「ゼロ」ではありません。

その場合アフターサービスが工事店にとっては満足のいくものでは有りませんでした。

ですのでこちらのメーカーもお勧め出来ないわけです。ユーザーの支持が少なくなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドアクローザー

異音がする部分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

平塚市「M」様邸

手の届かないところの高窓にはリモコン操作で開閉出来る物を

風通しを良くするために高い位置に窓を付ける事は効果的です。

しかし、そのようなところの窓では手が届きませんから開け閉めに難儀します。

そのためにリモコン操作でモーターが動き、開け閉めが出来る窓を取り付けます。

防火デュオPG高所用縦すべり出し窓右吊640 1170 + 電動ユニット + 単機能リモコン

の組み合わせです。

写真の印がある部分が受光部で、高い位置にありますから下からのリモコン信号が

乱反射で誤作動しないための保護カバーが取り付けられているようです。

この高窓は二カ所あり、ひとつのリモコンで同じ動作をするようになっています。

全開でも90度までは開きませんし、庇のごく上の部分、直近に取り付けていますので、

急な雨でも吹き込みは少ないものと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高窓の操作

階段室高所に取り付けられた電動片開き窓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

平塚市「M」様邸

【太陽光発電】太陽光発電の売電状況では

平塚市の「M」様邸の一ヶ月点検のおりに太陽光発電の売電状況が表示されている

液晶画面を見てみました。13:00頃の状態です。当日は快晴ですので日射は良いと思います。

また、太陽に対しても、ほぼ南中ですのでこの点も効率に貢献すると思います。

太陽の地表面に対しての角度は、冬至では28度、夏至では78度です。

「M」様邸は、太陽光発電での日射をより良く受けるために、

通常は五寸勾配で26.6度の屋根面が多いですが

屋根面の勾配を6/10、通称6寸勾配に設定してあります。

角度をSketchUpで計ると、地表面に対して、おおよそ30度の角度になっています。

日射を受ける太陽光発電パネルの角度が急(立っている)なほど、効率がいいと思われます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

太陽光発電売電状況

太陽光発電売電状況

周囲との明るさのバランスの関係で液晶画面が見えやすいように照度を調整してあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

平塚市「M」様邸

平塚市「M」様邸の完成写真では

カメラマンさんに撮ってもらった、平塚市の「M」様邸の完成写真が出来ました。

自分などがコンパクトデジカメで撮る写真と比べ、明るいですし、

何しろデータ量が大きいですので読み込みに時間がかかります。

完成写真12 完成写真11

厨房

完成写真10 完成写真9

二階廊下──────────二階洋室

廊下からバルコニーには突き当たりの引き戸ドアから出ることができます。

完成写真7 完成写真6

二階洋室────────── 一階和室

一階和室には一畳サイズの掘りこたつがあります。

畳は、ヘリなしタイプのものを使用しています。

完成写真4 完成写真5

階段遠景──────────階段近景

こちらの階段にはくふうがあり、リビング階段にして最下段の端をオープンにしています。

専用の部材(はしばみ)を使って、小口が見えないようにしました。

完成写真8 完成写真3

バルコニー ──────────外観、西側から

完成写真2 完成写真1

外観、南側から──────────外観、東側から

施主様からのご要望で、玄関上のバルコニーを広く取りました。

雨水をしのぐ事と、バルコニーを広くすると言う、二つの意味があります。

ほぼ真南に面しますから、太陽光発電パネル、モジュールの受光に効果が有ると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

ページトップに戻る↑                             ページ一番下へ↓

平塚市「M」様邸

【引き渡し】今日はいよいよ平塚市の「M」様のお引き渡しです2

お引渡時にお客様にお渡しする書類が何種類かあります。

  • 引渡証明書
  • 印鑑証明
  • お引き渡し書類受領書
  • 追加工事請求書
  • 建築検査済証

そのほかに、下記に有る第三者機関(日本住宅保証検査機構 JIO)の保険証券があります。

構造強度に問題があった場合や、雨漏れがあった場合に当社が直せないとき、

代わりに保証する期間の保険証券です。お引渡日から起算して、10年間の保証があります。

今はすべての新築物件に「住宅瑕疵保険」を付けるように義務づけられています。

保険証券の書式が、一二年ごとに少しずつ変化していっています。

以前アップしたものと違う点はご容赦ください。

よもやと思いますが、自費で建築費をお支払いなさる場合に火災保険を忘れる場合があります。

お引渡の当日から施主様の管理になりますから、火災の場合は当然に施主様の責任になります。

私はお引渡の前と当日に「火災保険は大丈夫ですよね。」と何度も念を押すことにしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IMG_0709.jpg IMG_0710.jpg

保険証券表面──────────保険証券裏面

IMG_0711.jpg IMG_0712.jpg

相談先説明表面──────────裏面

IMG_0713.jpg IMG_0714.jpg

保険のしおり1──────────保険のしおり2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                             ページ一番下へ↓

平塚市「M」様邸

【プランニング】ほとんどの奥様が選択される洗面化粧台のスタイルでは

以前も書きましたが、ほとんどの奥様が選択される洗面化粧台のスタイルには

二点の特徴があります。

  1. 水栓が壁だしであること
  2. 収納部分が引き出し式(カーゴ式)であること

の二つです。

水栓が壁出しである事で、水栓周囲が汚れにくくなります。反面いろいろな洗面グッズが

置きづらくなりますから、代わりのスペースを考える必要があります。

収納部分では、開き戸式は扉の奥のほうに手が届きませんから

実際には手前のほうしか使えない事が多く、無駄なスペースが出来ることになります。

その点、カーゴ式(引き出し式)では、奥まで見えますので有効に使えます。

中腰になる事も少ないでしょう。

開き戸式の洗面化粧台と比べ少し値段が張りますが、賢明な選択と言えます。

引き出し式収納洗面化粧台

引き出し式洗面化粧台

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                             ページ一番下へ↓

平塚市「M」様邸

【引き渡し】工務店が引渡前に忘れがちな事とは

平塚市の「M」様邸のお引渡が直近になりましたので、忘れないうちにすることがあります。

自分が気をつけているのは分電盤の写真をとることです。

仕様書を見返せばわかる事ですが、見やすいようにはなっていませんから、

出来るだけ写真で撮るようにしてます。

なかなか長期間一件ごとの配電盤、分電盤の事は記憶できません。

このうち特に重要なのはアンペア数です。ノーヒューズブレーカーのラベルの色で

アンペア数がわかりますので、写真を撮っておく事が大事ではないかと思っています。

この写真が鮮明に写っていれば、漏電停電時に子ブレーカーが落ちた時に回路ごとの

不具合がわかることがあります。

分電盤

太陽光の連携のためにある右側のブレーカー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                             ページ一番下へ↓

平塚市「M」様邸

【現場チェック】お引渡の前に掘りこたつの設置では

平塚市の「M」様邸ではお引渡前のハウスクリーニングが終わりましたので

掘りこたつの設置をします。

普通は半畳のタイプが多いのですが、こちらは一畳タイプですので大変大きく感じます。

天板が有ると感じがつかめませんから、天板を外して写真を撮りました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タイル張り後

玄関タイル張り後の養生

掘りこたつ 一畳タイプ

一畳タイプの掘りこたつ

ヒーターが付属していますので電源供給元として掘りこたつの中にコンセントを付けてあります。

奥に半間(はんげん)の床の間を作りました。

こちらも通常は雑巾擦りや化粧束を付ける納まりがありますが、スッキリと見せるために、

框を少しだけ出して、クロスの見切りとし化粧束と雑巾擦りがない納まりとしました。

落とし掛けの裏側、奥側に無双が付けてありますが、この角度からは見えません。

別角度からの写真をカメラマンから提供してもらって後日お見せしたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                             ページ一番下へ↓