生活のヒントブログ             > 1新築 > 神奈川県 > 藤沢市 > 藤沢市「T」様邸 > 【メンテナンス】室内ドアの戸当たりがはずれてしまう時には
藤沢市「T」様邸

【メンテナンス】室内ドアの戸当たりがはずれてしまう時には

室内ドアには、扉、ドアを締める時に当たる、通称戸当たりと言う部品があります。

これは製作メーカーの多くや、ごくまれに自作で枠をつくられる工務店さんによって、

はめこみ式で取付けることがあります。そのはめこみ式の戸当たりが、なんかの拍子で

ゆるくなってはずれてしまう時があります。そのときには抑えのために、隠し釘を使います。

あとで戸当たりを外すこともあるでしょうから、接着剤は付けないで釘だけ打ちます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Toatari 02

戸当たりの断面図

Toatari 01

戸当たりの姿図

Toatari 01

隠し釘

打ち込んだ後に、青いクッション部を金槌で軽く叩くとその部分のみはずれます。

今回はもう少し長くないと掛かりが少ないようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください