電脳的社長ブログ1               > 1新築 > 神奈川県 > 藤沢市 > 藤沢市「T」様邸 > 【メンテナンス】勝手口ドアクローザーのボルト切れと異音では
藤沢市「T」様邸

【メンテナンス】勝手口ドアクローザーのボルト切れと異音では

藤沢市の「T」様からドアサッシの不具合の件で連絡がありましたので伺って来ました。

一階勝手口ドアクローザーと二階のバルコニーへ出る部分のドアと二カ所の部分の問題です。

一階勝手口では、ドアクローザーのアームを止める部分の接続ボルトの頭が取れています。

固定ボルトがねじ切れていますので強度不足か、解放時に強風であおられたかも知れません。

二階ドアクローザーは開閉時に異音がします。いずれも大手サッシメーカー「Y」社製品です。

ドアを止める為の部品がドア開閉時にこすり合わされます。その摩擦音が大きいわけです。

通常はグリススプレーをかければ止まりますが今回は止まりませんので外して修理が必要です。

ドアクローザーを使う開口部が3カ所有るが残りの一カ所は玄関ドアで他社製で不具合無し。

しかもその部分は玄関ドアのため使用頻度が一番多く、不具合が有るなら一番先に出るはず。

と、考えました。このドアクローザーヒンジ部分のボルトは単品で注文出来ませんから、

(製品の仕様で)セットごと注文しなければなりません、この点は工事店が困ります。

さらにボルトの頭が切れている事で芯が残っていますので取り出すのに手間がかかります。

二重の意味で作業がしづらいにことになりますから、作業員に人気がありません。

通常のパターンとしては、大手サッシメーカー「L」社のものを使う事が普通ですが、

今回の藤沢市「T」邸は設計事務所様からの依頼で新築木造住宅を建築時に製品指定ありでした。

それですので各サッシは指定のメーカーになった経緯が有ります。玄関ドアのみ他メーカーです。

苦情、不具合が発生しやすいものは、施主様に満足して頂けませんから使用にとまどいます。

こちらの会社製のものは自分としては使わないようになるのではないかと考えています。

私がお勧めしにくいメーカーの内装材製品としては大手メーカー「P」社のものがあります。

何処のメーカーでも、いくらかは確率的に不良品が発生します。「ゼロ」ではありません。

その場合アフターサービスが工事店にとっては満足のいくものでは有りませんでした。

ですのでこちらのメーカーもお勧め出来ないわけです。ユーザーの支持が少なくなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドアクローザー

異音がする部分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月10日木曜日 08:40:11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.