神奈川県 Archive

横浜市港北区「Y」様邸

01/24-2 配筋検査2

現場へ行ってみると道路にところどころ雪が残っています。

鉄筋など大事な部分は全部見えるので助かりますが。しかし、盛り土部分が湿気を含んで泥濘土

まるで田んぼ。(といっても知らないひとが多いかもしれません。)

長靴がどんどん重くなって大変。鉄腕アトム状態。(わかる人にはわかると思います。)

住宅保証会社のかたと泥田の中を歩きながら打ち合わせです。

指摘事項を基礎のK氏に直してもらって合格の了承を得ました。

配筋検査

WILLCOM 携帯 [w-zero3]での画像だと思います

 

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

横浜市都筑区「Y2」様邸

老健施設デッキ1年後

横浜市内の老健施設(老人ホーム)を先年工事させていただいたのでそちらの点検もかねて訪問。

材種がイペ(南洋材)のため、腐りにくく、無塗装ですが、1年後の色も味があります。

年数が経つにつれて、だんだん白くなって来ます。そのときにはOS(オイルステン)などの、

塗装をすれば更に長持ちをして映える事でしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

老健施設デッキ

一年点検時のウッドデッキ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

横浜市港北区「Y」様邸

敷地のボーリング調査では

計画地のボーリング調査を行いました。

台風一過の影響で気温もぐんぐんと上昇し、現場立会い最中くらくらしました。(+。+)

空が青く、見晴らし良好です。

お住まいが完成した暁は、このような絶景が毎日望めるのは、大変宜しいかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ボーリング調査

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

横浜市港北区「Y」様邸

打ち合わせ現場での草刈りでは

現地で打合せをするので草刈りをする必要がありました。

在庫の草刈り機を引っ張り出す。某社製のもの。

燃料として大体は2サイクル用(混合ガソリン)を使うのでどうしても

オイルがキャブレターに粘着しやすく手入れが悪いと再使用が面倒になります。

近頃は金物店で混合のガソリンを少量でも缶入りで売ってくれるので助かります。

刃を取り換え、エンジンのテストをして、特注の屋根上の取付金具にのせ、いざ出発!

現地は草いきれでむっとする暑さ。

通常の刃が切れないのでナイロンコードに取り換えてエンジンを噴かしての草刈り。

ちょっと切った後の葉が巻き付きますが、みるみるうちに切れます。

爽快。これで何とか面目躍如です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

草刈り器

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

横浜市港北区「Y」様邸

レイリー波での地盤調査2

07/15 レイリー波による地盤調査

先日の地盤調査の様子です。今回は5箇所測定いたしました。

今回は、着工・竣工日が融資の関係でほぼ決まっております。

設計事務所の実施設計期間がかなり限られており、

こちらも施工図を同時進行で進める感じで対応させていただいております。

次回定例まで、宿題は盛りだくさんで、時間に日々追われる感じです。

自分の事務所のパソコン環境はすべてMacで運用しています。

建築家の設計者さんには、

大変珍しい次世代工務店と評されましたが、7100AV + 漢字Talk5.1からです。

最近、設計者さんのところと容量の大きいデーターのやりとりが増えたものの、

サーバーの相性が悪い時間帯があるようで、ちとスムーズでない日があります。

「あっ!送付できていない」なんて事がありました。

データ共有のベスト案を現在、2人で模索中です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レイリー波起震器

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

横浜市港北区「Y」様邸

レイリー波での地盤調査3

本日は計画地で建主Yさんと設計者さんと3者定例でしたので、

草刈機持参で現地に向かいました。

ここ4日、事務所に缶詰で事務作業に追われる毎日でしたので、

少し体力不足を感じます。

まずは現地で、超音波地盤試験(GL-10m)の調査報告及び、

既存新設擁壁に関する現地調査報告を行いました。

実は、着工前の現段階で、宅地造成に関し3者が以前から認識している問題があって、

今回はJIOの第三者瑕疵保保証を付けますが、

既存の造成工事や擁壁にからむ不同沈下などは保証対象外ですし、

請負工事の瑕疵の範囲ではないので、その対応策に関しての協議に時間をかけ、

建主Yさんにご説明いたしました。

設計者さんのお話では、地盤の強度の軟弱に関しては、想定の範囲内の結果であったものの、

その調査結果の部分的に気になる厳しい数値と、

宅地造成の現状の懸案事項の相互関係がリンクしてきた印象で、

更にボーリング調査で支持層の確認をした上で地盤改良の結論を出した方がよい。

とのお話しになりました。

改良の場合は、柱状改良600φを21本との計算です。

擁壁底盤の部分との取り合いがむずかしいですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

草刈り器

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓