茅ヶ崎市「I3」様邸

【現場チェック】吹き抜け部分の印象では

おおよそ11畳ある吹き抜け部分です。

今まで自分が工事させていただいた住宅の中では最も大きいのではないでしょうか。

ボリュームもありますので、広く感じます。

建築家、設計者のかたは設計をするときに建物を立体的に考えるという特徴があります。

そのイメージを具現化されたものと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

吹き抜け

吹き抜け部分タテ方向から見た景

横桟は仮設の転落防止材です。

吹き抜け

吹き抜け部分をヨコ方向から見た景

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月4日金曜日 11:05:59

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.