生活のヒントブログ             > 日々つれづれな話 > 【雨戸戸袋修理】昔ながらのよろい戸を取り替える
日々つれづれな話

【雨戸戸袋修理】昔ながらのよろい戸を取り替える

茅ヶ崎市の方から雨戸戸袋の修理を依頼されました。

築年数も経ったことで、経年劣化と言うことで大分傷んでいます。

こうなる前にこまめに塗装等をしておけば、費用がそれほどかからずにできますが、

致し方ありません。

木造在来工法の雨戸周辺は雨戸戸袋が腐食しやすいこと、雨戸レールが磨り減ってUの字型に

なりやすいと言う特徴があります。

そのため雨戸戸袋の表面材の交換と雨戸レールに金属板の埋め込みということを行っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

雨戸戸袋修理 02 雨戸戸袋修理 01

施工前──────────施工後

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください