生活のヒントブログ             > 日々つれづれな話 > とうとう自宅の雨戸レールもメンテナンス
日々つれづれな話

とうとう自宅の雨戸レールもメンテナンス

紺屋の白袴、医者の不養生と言いますが、自宅も直さなければならなくなりました。

インターネット経由で何かのものを買う時には建材でしたらモノタロウ、文具や手に入りにくい物等は

Amazonで買うようにしています。なぜならば消耗品等は以前と同じ物を買わなければならない。

という場合がありますので購入履歴を検索出来る必要があるからです。

加えて注文書や領収書を必要な時に必要な分だけログインして印刷出来るのも便利です。

また、以前のと値段がどのくらい違っているのかを確認することもできますので。

小物類はそれほど探す手間はかかりませんが、住宅一軒分の金物を探す時等は大変です。

以前の注文履歴をもとに自分の拾い落としを確かめることもできます。

ところが普段使わない、特殊系の建材は上記のところで手に入りません。そこで建材専門のサイトに

注文することにしていますが、アルミフラットバーの長物(4メーター)は

なかなか見つかりませんでしたが、ようやく見つけて注文する事ができました。

インターネット系の材料注文のしかたは先に銀行振込かコンビニ支払いをする必要があり、

その振り込み用紙のアドレスを見つけて自分で印刷してコンビニに持ち込み支払いますが、

段々齢を重ねてくると、ITリテラシーが衰えてきますので段々つらくなってきます。

現在のところはなんとかかんとか出来ているような有様ですが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IMG 2708

長物のアルミフラットバー

材料費と配送費が殆ど同じくらいです。さすがに長いですからその分費用がかかります。

IMG 2707

アルミフラットバー保護材

運送中に曲がると行けませんから、そのためのアングル状保護材が2メートルの物に、

スリーブ(筒)状の保護材が4メーターの物についています。

その分の費用がかかる訳です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください