生活のヒントブログ             > 私が関心あるもの > 【太陽光発電】屋根面とデザインを合わせるには
私が関心あるもの

【太陽光発電】屋根面とデザインを合わせるには

太陽光発電では設置業者との打合せで、いろいろな注意を受けます。

そのうちのひとつが、太陽光パネルをオーバーハングで計画しないで下さい。というものです。

ケラバ、軒先にはみ出すとパネルに曲げ荷重がかかってしまう。ということを彼らは心配します。

壁の中心線から内側の屋根面に入れなければなりません。

すると、屋根面に太陽光パネルがある部分と無い部分が出て体裁が良くありません。

寄せ棟屋根では三角の屋根に四角いパネルが乗るのはいかにも不格好ですがやむをえません。

しかし、町並みを見ると屋根面とマッチした太陽光パネルがのっているお宅も見かけます。

どう言うやり方をしているのだろうと気になっていたところ、このダイレクトメールを見かけました。

端のパネルに調整板を入れて屋根面と形が合うように調整しているようです。

互いに形が合うように片流れ屋根か、切り妻屋根にする必要がありますが、

屋根全面にパネルが乗れば体裁よく、設置面積も増えて発電効率も良くなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

太陽光発電

屋根面とあわせた形の太陽光パネル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください