電脳的社長ブログ1               > 3修理 > 神奈川県 > 横浜市修理 > 横浜市戸塚区「N2」様邸 > 【修理】玄関ドアが擦って閉まりづらいときにはこうします
横浜市戸塚区「N2」様邸

【修理】玄関ドアが擦って閉まりづらいときにはこうします

横浜市の「No」様から浴室、トイレ、厨房の換気扇の交換、シャワー水栓交換を依頼されました。

現地を拝見したところ、玄関ドアがこすれて閉めづらかったので玄関ドアの調整もしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

玄関ドア丁番

玄関ドアの旗丁番

この上側の旗丁番と下側の旗丁番の間に厚さ1ミリ程度のOリング、ワッシャをいれれば

こすれはなくなるのですが、玄関ドア自体が重い物ですのでいったん外すと、丁番を取り付け、

差し込むのが大変です。そこで、Cリングを二枚組み合わせることにしました。

玄関ドアを持ち上げたところ

玄関ドアを持ち上げたところ

Cリング

Cリング

丁番の芯棒はM8ですが、入れやすくするために一回り大きいものを選択します。

Cリングプライヤー

Cリングプライヤー

Cリングをちょっと広げたところ

CリングをCリングプライヤーでちょっと広げたところ

Cリングをちょっとねじったところ

Cリングを入れやすいようにすこしねじったところ

Cリングは小さくても鋼製ですので、手では簡単に曲がりません。

Cリングプライヤーとラジオペンチで折れないように注意して曲げます。

二枚のCリングを組み合わせて外れないようにして、持ち上げた玄関ドアをそっとおろします。

すると、Cリングがバネワッシャーのようになってスペーサーとなります。

玄関ドア自体の重みがありますので外れません。

これで内側からお子さんの力ではなかなか開かなかった玄関ドアが開くようになりました。

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月4日金曜日 03:12:56

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.