電脳的社長ブログ1               > 日々つれづれな話 > いたるところにころがっている商売のヒントとは
日々つれづれな話

いたるところにころがっている商売のヒントとは

ある畳屋さんがちょっとしたことをきっかけに売上が12倍になったそうです。

いまでは一般の木造新築住宅でも和室があるうちはほとんどありません。

どこにそれほどの需要があるのだろうかと不思議に思いましたが、

和風ファミレスには畳があります。

その畳の交換が営業時間帯にできないという問題点があって

その解決方法が畳屋さんの24時間営業という手法。

閉店時間を利用して畳を交換するというもの。

売上が12倍になれば夜間営業の分の経費を補って十分です。

商売のヒントとは誰にでも見える物がどこにでも転がっているそうです。

しかし、それが実行できるかどうかは個人の才覚による物と思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P4270038.JPG

和室半畳畳

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月1日火曜日 06:03:29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.