日々つれづれな話

変わって行くJR東海道線辻堂駅

今JR辻堂駅の北口周辺が大きく変わろうとしています。

最近辻堂駅に来られた方は分かると思いますが、

北口の駅前って今まで何もない土地が広がっていましたよね。

実は、そこはもともと関東特殊製綱(株)の工場があって

平成14年にその工場の移転に伴い、およそ25ヘクタールの敷地が

空閑地となっておかれていたようなのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この敷地に「湘南CーX(シークロス)」(以下「湘南シークロス」)

と呼ばれる都市開発プロジェクトがいよいよスタートするそうです。

完成予定は2010年で、2008年には一部の地域で町開きを行う予定とのこと。

「湘南シークロス」は次世代産業の営業拠点を目指すと共に、

研究所や予防関連機能・医療ビジネス機能施設を設置し、

先端施設と湘南の風土との融合をめざしているようで、私個人として楽しみです。

また、このプロジェクト内には800世帯くらいの住宅と

約1ヘクタール(東京ドームの約1/4の広さ)程の公園も建設予定だとか。

この開発は本来辻堂駅北口の目の前の敷地であるため、「湘南シークロス」の住宅に住む場合、

通勤を含めた駅利用は徒歩、もしくは自転車で十分間に合いそうです。

 

辻堂駅P3210002.JPG
1──────────2
P3210003.JPG P3210004.JPG

3──────────4

2009/03

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください