茅ヶ崎市「I」様邸

【メンテナンス】国旗掲揚の金具をつける

前にリフォームさせていただいた茅ヶ崎市の「I」様邸の国旗掲揚の金具を取り付けました。

単純に釘止め式なのですが、下地が無いとはずれると困るという事でお声掛けいただきました。

訪問させていただいたおり、ついでに不具合点をお聞きしたのですが

「快適に暮らしている。気に入っている。」とのお褒めの言葉を頂戴しました。

さて、この取付金具ですが、金具の穴径を見ると釘で打つようになっています。

釘ですと国旗がたなびくときに、てこの原理で揺さぶらて釘が抜ける恐れが有ります。

1 径四ミリのステンレスビスを使う。

2 金具の穴は4.2ミリ。

3 モルタルで被覆してあるのでモルタル部分はコンクリート用ドリル刃でした穴をあける。

4 外壁表面から木下地までの距離を考えてビスの長さを決める。

四ミリのドリル刃であけ直し、さらに二個取付穴を追加しました。という風に作業しました。

計六本のステンレスビスで固定しましたので、国旗が風に揺さぶられても安心だと思います。

この金具は国旗を販売しているところで、セットになって販売していたものだそうですが

鉄製ですので長い間にはさびが出てくると思います。と施主様へ伝えました。

外部で長く使うものでしたらステンレス製の金具を売るべきだと、私は思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

201201142223.jpg

国旗掲揚金具

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年9月30日月曜日 06:08:25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.