鎌倉市「S」様邸

【修理】流し台の水漏れの原因2

鎌倉市「S」様、材料を用意して水漏れの修理に伺いました。

下記のようにして水漏れは一時的には止まりましたが、水を止めているのはわんトラップと

シンクの間にあるゴムパッキンです。ゴムパッキンが劣化しての水漏れと考えられますが、

シンクのつばの部分も同様に劣化していきますので、この修理は一時的なものになります。

近いうちに流し台を交換されたほうがよろしいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PA210001.jpg PA210003.jpg

1──────────2

PA210012.jpg PA210009.jpg
3──────────4
PA210011.jpg PA210010.jpg

5──────────6
PA210014.jpg PA210015.jpg

7──────────8

PA210019.jpg

 

  1. わんトラップ
  2. 流し排水ホース
    これは優れものです。流しの排水は呼び径50と40が有りますが
    この両方に対応できるものです。
  3. わんトラップの内径確認
  4. 排水口の周囲の汚れをすき取る
  5. 更にサンドペーパーで磨く
  6. 部品の確認
  7. わんトラップの取付前
  8. わんトラップ取付後
  9. シールのためのマスキングテープ

このような作業をして水漏れが止まりました。

年数がたって部品の劣化で水漏れになったようです。

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください