茅ヶ崎市「H3」様邸 Archive

茅ヶ崎市「H3」様邸

【リフォーム】感心した蛍光灯の取り替えに適した器具のくふうとは

茅ヶ崎市「H3」様邸の蛍光灯が古くなったので買って来た蛍光灯器具を取付けてみました。

専門職でなくとも簡単に取り替えられるように様々な工夫がありました。

治具に印があり、印にあわせて器具を付けて右にちょっとねじると固定されて取付け完了です。

誰が考えだしたかわかりませんが、ずいぶん便利になったものです。

これなら一般の方でも簡単に蛍光灯の交換が出来ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

茅ヶ崎市 H3 06 茅ヶ崎市 H3 01 茅ヶ崎市 H3 05

取り外した器具──────────シーリング金具──────────〃治具

茅ヶ崎市 H3 02 茅ヶ崎市 H3 03 茅ヶ崎市 H3 04

治具を嵌めたところ──────────蛍光灯器具──────────器具を嵌めたところ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

茅ヶ崎市「H3」様邸

【リフォーム】既存ウッドデッキにパーゴラをきれいに取付けるには

リフォームの場合に既存の工作物に新しく付け足す時に強固に、きれいに納めたいと思いますので

納まりに悩む場合があります。こちらの茅ヶ崎市の「H3」邸では既存のウッドデッキに

パーゴラ + タキロン(これは社名ですが半透明樹脂性小波板の通称名として使っています)を

取付けてほしいと依頼されました。

そのばあいに柱脚柱頭をどうやって納めようかと大工職と相談した時にシンプソン金具を使う。

という話が出ましたのでそれを使って固定してみました。柱頭は相互に固定し、

柱脚もシンプソン金具で固定しています。腹は手摺に欠き込みで固定です。

ウエスタンレッドシダーですので香りがいいですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パーゴラシンプソン金具

シンプソン金具で固定したところ。作業中でちょっと雑多ですが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

茅ヶ崎市「H3」様邸

既存ウッドデッキの上にパーゴラを取付けるには

手摺付きウッドデッキの上にパーゴラ取り付けの注文がありましたので、大工職と相談したところ

和風でなく洋風の造作でツーバイフォー材のほうが細工がしやすいとのことで、

使いよい細工の分の材料を拾ってもらいこちらを注文しました。

このシンプソン金具は普通の金物屋さんではすぐには手に入りにくいのでネット注文になります。

私が注文したサイトの注文方式では金具姿図の画像(サムネイル)がページ左にあり注文する金具を

イメージしやすかったので使いやすいと思いました。サイトの工夫次第で受注率が変わるという

感じがします。納期は日祭日を入れて一週間ですので工事店にとってはまずまずだと思います。

4トン車配送のウェスタンレッドシダーを受け取りましたところ、固有の良い香りがします。

体裁よく納めたいものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シンプソン金具

シンプソン金具

ウエスタンレッドシダー

ウエスタンレッドシダー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

茅ヶ崎市「H3」様邸

リフォームで下駄箱の足が短くなってしまった時には

ほとんどの床フローリングの張り替え(レイヤ式張り替え)をしますので廊下部分もたかさが

若干変わってきます。そこで工事担当として困るのが下駄箱です。

下駄箱は玄関部分、廊下の床に固定されています、それを外してその床を張りますと、

フロア材の分だけ上に上がります。となると玄関タイルの上にある下駄箱の足も上がりますから、

短くなる訳です。その分足を長くしなければなりません。それでこのアジャスターを使います。

下駄箱の足の下に埋め込んで高さの調整をする訳です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IMG 4754

下駄箱の足用アジャスター

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

茅ヶ崎市「H3」様邸

濡れ縁の部材で悩むところとは

茅ヶ崎市の「H3」様邸の濡れ縁を手配する頃合いになりました。少々の細かいところの納まりは

一任されています。

現在では濡れ縁と言ってもメンテナンスの関係から、木製より樹脂製のものが多くなっています。

木製では七八年すると塗装が剥がれてきますし、それ以上になりますと腐りが出て来て

部材の交換等の必要が出てきます。その点樹脂製ではその必要がありませんが色褪せが出て、

少し趣が落ちてきます。一長一短ですが私は木製のものを勧めたい気がします。

反面費用、コストを考えますとランニングコストも含めると木製のほうが1.5倍程度かかります。

工務店としては、少し悩ましいところです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P1010002

他の現場の濡れ縁

濡れ縁

濡れ縁近景

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

茅ヶ崎市「H3」様邸

バスユニットがほぼ仕上がったが写真撮影が出来ず困った時には

茅ヶ崎市「H3」様邸のユニットバス取り付けが終わりました。まだ少し仕上げが残っています。

工事途中や仕上げの写真撮影で困る事は通常の部屋に比べてごく狭いところの写真撮影です。

広角のカメラでも浴室、トイレは全景を撮れないのでどうしても仕上げを表現する事ができません。

困って、iPhoneのパノラマで撮ってみましたが、こちらもどうもうまく表現出来ません。

何かいい方法が無いか考えてみます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ユニットバス

ほぼ仕上がりのユニットバス

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

茅ヶ崎市「H3」様邸

排水管の途中に見慣れない通気弁の名前とは

茅ヶ崎市の「H3」邸の現地に伺ったところ二階のトイレ排水脇にこのようなものをみつけました。

トイレは一時的に多くの水が流れますので、そのあおりを受けて空気が引っ張られ、一時的に

管路内が負圧(空気圧がマイナス)になります。その結果排水管につながっている付近の

排水設備(この場合は隣接する洗面化粧台)の封水(Sトラップ内のにおい防止のための水)が

マイナスの空気圧のために引っ張られてしまい無くなってしまうことがありますので、

負圧にならないための通気弁を付けます。それがこれですが、今まで見たのとちょっと違います。

水道職に聞くと名前が「未来工業の通気スイスイ」だそうですが、いかにも小洒落た名前です。

管路内のにおいが上がるのを防ぎ、かつ負圧になるのを防ぎます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

通気スイスイ

排便管わき設置したところ

通気スイスイ

通気スイスイ構造図

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

果樹, 茅ヶ崎市「H3」様邸

成長が楽しみな果樹では

自宅庭に毎年実のなる果樹が有ると手入れや剪定が楽しみにしています。

業として栽培しているかたほどの味は望むべくもありませんが、おいしい事には変わりありません。

レモン、イチジク、柿、(一時はぶどうもありました)などが自宅の庭になりますので

毎年秋になると収穫が楽しみです。柿は生命力が強い木のようで、少し強めに剪定しても

枯れる事無く翌年に実をならせます。量的には大の年、小の年があって収穫量が違います。

果樹の事を考えている時に見積もり依頼を頂いて伺ったお宅にみかんの木があるとお聞きしました。

実がついてない時の樹形で樹種を判断はできませんのではっきりとはわかりませんが、

みかんにしては葉の形が少し違うかな?という気がします。

自分の勝手な考えですが、果樹はある程度成長すれば特に難しい樹種でなければ、

剪定や水、肥料やりをほどほどしていれば枯れる事無く実をならせるのではないでしょうか。

こちらのみかんの木がどういう風に実をならせるのかが楽しみになりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みかんの木

訪問したお宅の庭にあるみかんの木

小鳥の巣

敷地内にある小鳥の巣箱

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓