茅ヶ崎市「H3」様邸

濡れ縁の部材で悩むところとは

茅ヶ崎市の「H3」様邸の濡れ縁を手配する頃合いになりました。少々の細かいところの納まりは

一任されています。

現在では濡れ縁と言ってもメンテナンスの関係から、木製より樹脂製のものが多くなっています。

木製では七八年すると塗装が剥がれてきますし、それ以上になりますと腐りが出て来て

部材の交換等の必要が出てきます。その点樹脂製ではその必要がありませんが色褪せが出て、

少し趣が落ちてきます。一長一短ですが私は木製のものを勧めたい気がします。

反面費用、コストを考えますとランニングコストも含めると木製のほうが1.5倍程度かかります。

工務店としては、少し悩ましいところです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P1010002

他の現場の濡れ縁

濡れ縁

濡れ縁近景

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください