電脳的社長ブログ1               > 3修理 > 【漏水修理】トイレの水の出が悪いときにはこの部品を交換
3修理

【漏水修理】トイレの水の出が悪いときにはこの部品を交換

自宅のトイレの水の出が悪くなりました。

トイレを取り替えてから10年くらいになり、その間にストレーナーの掃除をしたのですが、

また水の出が悪くなりました。水の溜まりが遅く、すぐにトイレが使えないのは少し問題です。

自分は以前水道工事店へ勤めていた経験がありますので、一通りは水回りの修理ができますが、

今回の原因はわかりませんでしたので専門職の方に来てもらいました。

すると、ボールタップの上のダイアフロム式バルブが壊れているとのことでした。

水圧がかかっている場合にはバネの力で押し上げられ、水圧がかかっていないときには

そのバネの力で弁を閉じます。

しかし、バネが硬化したり、ゴムパッキンが劣化して融着すると弁が閉じっぱなしになる訳です。

自分の場合は、弁が解放しきれなかったので水の出が悪くなったということです。

Tこのような故障の可能性があるということは修理経験が無いとわかりません。T

このダイアフラム部品(TH405S)を交換後は、勢いよく水がタンクの中に溜るようになり、

次回流せるようになるまでの時間が相当に短縮されました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ダイアフラム1

ダイアフラムを外したところ

ダイアフラム2

劣化した部品

ダイアフラム3

梱包材、品番図

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月4日金曜日 11:25:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.