生活のヒントブログ             > 3修理 > 経年劣化での樹脂製バルコニー床のめくれの対応では
3修理

経年劣化での樹脂製バルコニー床のめくれの対応では

バルコニー床を交換したいので見て欲しいと言われて訪問しました。

たしかに樹脂製の床がめくれています。築30年ではやむをえない劣化です。

劣化して床が抜けるような状態ではありませんが、色あせがひどく、照り返しもきついそうです。

当時は樹脂製デッキに劣化ついての知識が無く、「万年もの」との話だったらしいのですが、

いずれのものにも劣化はまぬがれません。

腐りにくいイペ材のサンプルを提示して了解をいただきました。

201201090407.jpg

現況の樹脂製デッキ材

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください