3修理

【漏水修理】バス水栓修理

藤沢市の「M」様から蛇口の水漏れを見てほしいとご連絡があり、現地を拝見しました。

こちらのお宅は築20年程度で、設計事務所さん設計で木造住宅です。

くだんの水栓とはバス水栓で混合水栓ではありません。

現在ではバス水栓と言っても混合水栓が多いので交換修理が簡単に出来ますが

この埋め込み式では都度壁を剥がさないと修理が出来ませんので大変です。

メンテナンスがしにくい仕様と言えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バス水栓

水漏れがあるバス水栓

バス水栓

化粧カバーを外したところ

露出補正をしてありますのでちょっと黄色くなりました。

化粧カバーの範囲で修理が出来ればいいのですが、その範囲できないと壁を一部壊す事になります。

また、木製の壁板ですので補修後に周囲の壁と色違いが出る可能性が有りますので

なるべく壁板を剥がしたくありません。

このバス水栓は、ヤンマー工業 YB3150-HBという品番だそうですが部品が手に入りません。

修理、交換部品が汎用的に流通している物なら交換が簡単に出来ますが

デザインを優先されて工事をなさるとメンテナンスの時期に苦労される事になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

──────────後日談

自分が出会う漏水修理の製品では、この「ヤンマー○○○」製品を多く見かけます。

今ではお使いのところを見ることがありませんが、長期的に持ちが悪いのはいただけません。

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください