鎌倉市「I2」様邸

【リフォーム】ユニットバスの断熱効果とは

タイル製の浴室とユニット式の浴室(ユニットバス)での大きな違いは断熱性能にあります。

近年では土間打ちの際に断熱材を敷き込む等の配慮がタイル製の浴室にありますが、

一般の木造住宅には設計事務所様が関連する場合を除きほとんどが

土間内に断熱材を入れる事がありません。ですので、冬場に寒いということが感じられます。

[tip]

ユニットバスにしますと追焚の配管が出来ないマンションでも

湯温の低下がほとんど無いというご意見をいただきました。

[/tip]

ですので、私は浴室の改造をなさるかたにはユニットバスをお勧めする事にしています。

関連して給湯器の事ですが、以前の給湯器は自然循環式(二穴)が多く

新式のユニットバスには強制循環式(一穴)の給湯器が必要です。

それで給湯器の交換が必要になる場合があります。給湯器の中には自然循環式の給湯器であっても

給湯ポンプを内蔵しているものがありますので給湯器すべて交換が必要なわけではありません。

品番によっては出来ないものもあります。

お尋ねいただければ見積依頼いただいたかたには調査の上返答致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

システムバスルーム ラ・バス(La-BATH)

1216サイズ BGDS-1216LBE+H

PC090041.jpg PC090042.jpg

浴槽断熱材

PC090047.jpg

ユニットバス下、架台

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月2日水曜日 13:42:56

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

You can add images to your comment by clicking here.