鎌倉市「I2」様邸 Archive

鎌倉市「I2」様邸

ユニットバスのお湯の温度が上がらないとは?

以前タイル風呂 → ユニットバスへ交換させていただいた鎌倉市の方からお電話をいただきました。

なんでも、入浴中のお湯の温度が上がらないので困っているとのことです。

こちらの方は給湯器を交換して二年、当方でユニットバスにしてから二年ですので、

給湯器を新規に交換して都合四年しかたっていませんので、ダメになるには早すぎます。

早速給湯器のメーカーのカスタマーサービスに給湯器の品番と症例を伝え、

点検修理依頼の電話しました。

(どちらのメーカーも修理受付は24時間営業です。)

そのカスタマーサービスから鎌倉市のお客様へ即日電話が行き、

翌日午前中に点検修理に伺いました。

私へ修理終了後の電話報告を依頼してありましたのでメーカーから報告の電話が来ました。

お客様が浴槽の掃除のときに浴槽内の循環アダプター内金具を外してそれを逆に付けたため

お湯の流れが悪くなり、沸きが遅くなった。ということだそうです。

メーカーの担当者から施主様へ原因を伝えてもらいました。

その後、お客様からバツ悪そうにお礼のお電話をいただきました。

パソコンの場合もそうですが、何か不具合が有ると機械が悪くてこうなったのだろう。

と、ほとんどの方は考えます。

自分に原因があって不具合が生じた。と考える方はほとんどいません。

やむを得ないことだと思います。

循環アダプター

循環アダプター

──────────工務店から修理依頼するときに困ること

給湯器のメーカーに工務店から電話するときに困ることがあります。

症例はお客様から聞いていますのでわかりますが、

給湯器の品番を聞かれたときにすぐに答えられないことです。

新築やリフォームで、工務店から給湯器を入れた場合は伝票や仕様書に記載がありますので

書類を調べればわかりますが、その給湯器を注文していない場合には履歴がありませんから

給湯器品番がわからないという問題があります。

──────────次の修理のための対策

自分はこのようなことのために以下のくふうを考えています。

リフォームや、修理にお伺いしたときには全く関係ない工事の場合であっても、

給湯器の写真を撮っておくようにしています。

なぜなら、次に壊れるかもしれない部分だからです。

工事終了後に邸名ごとに写真をまとめて自社のファイルサーバーに保存してあります。

その給湯器の写真も一緒にしておきます。

ですので今回メーカーのカスタマーズへ給湯器の品番をすぐに言うことができました。

施主の知らない部分でのくふうだとではないかと思います。

カスタマーサービスの方は点検修理時に多分該当品番に関連する部品を持参するでしょう。

そのために品番を知ることは彼らにとって必要なことです。

鎌倉市「I2」様邸

【リフォーム】ユニットバスの断熱効果とは

タイル製の浴室とユニット式の浴室(ユニットバス)での大きな違いは断熱性能にあります。

近年では土間打ちの際に断熱材を敷き込む等の配慮がタイル製の浴室にありますが、

一般の木造住宅には設計事務所様が関連する場合を除きほとんどが

土間内に断熱材を入れる事がありません。ですので、冬場に寒いということが感じられます。

[tip]

ユニットバスにしますと追焚の配管が出来ないマンションでも

湯温の低下がほとんど無いというご意見をいただきました。

[/tip]

ですので、私は浴室の改造をなさるかたにはユニットバスをお勧めする事にしています。

関連して給湯器の事ですが、以前の給湯器は自然循環式(二穴)が多く

新式のユニットバスには強制循環式(一穴)の給湯器が必要です。

それで給湯器の交換が必要になる場合があります。給湯器の中には自然循環式の給湯器であっても

給湯ポンプを内蔵しているものがありますので給湯器すべて交換が必要なわけではありません。

品番によっては出来ないものもあります。

お尋ねいただければ見積依頼いただいたかたには調査の上返答致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

システムバスルーム ラ・バス(La-BATH)

1216サイズ BGDS-1216LBE+H

PC090041.jpg PC090042.jpg

浴槽断熱材

PC090047.jpg

ユニットバス下、架台

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

鎌倉市「I2」様邸

【リフォーム】ユニットバス入れ替え工事3

鎌倉市「I」様邸のバスユニット設置が完了しました。完成テストをします。

P4210008.JPG P4210014.JPG
1──────────2
 
P4210002.JPG P4210010.JPG
3──────────4
  1. お湯張りテスト
    給湯器は自然循環方式のものですが、GRQ-1620SAX
    この釜にはメーカーとの約束があり、申し上げられませんが
    お客様にとって、隠れたアドバンテージメリットがあります。
  2. ゴミ阻集器くるりんポイ
    くるりんポイをとりはずしたところ
    自宅の洗面化粧台では髪の毛の掃除に苦労していますので
    このような阻集器があるといいですね。
  3. 自然換気口の部分に雨が吹き込まないように
    象鼻式のベンドキャップをとりつけました。
    外壁に新たに穴をあけたりペンキ工事が出ないようにしたり
    費用が増えない工夫をしました。
  4. 養生材取外し後の完成写真

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

鎌倉市「I2」様邸

【リフォーム】ユニットバス入れ替え工事2

ユニットバスの設置をしました。

設置の前に解体、土間打ち、給湯給水配管の切り回し、給湯器のつなぎかえをします。

P4220067.jpg  P4200020.JPG
1──────────2
 
P4200016.JPG P4200009.JPG
3──────────4
 
P4210044.jpg
5
  1. 給湯器⇆浴槽給湯配管接続金具
  2. 湯止めキャップ
    熱いお湯が入浴中のかたに直接あたらない為のものです。
  3. 湯止めキャップ2
    ハイブリッドタイプの接続金具を使って給湯器と浴槽をつなぎます。
    自然循環方式の給湯器が購入間もない場合はこのようにしてつなぐようにします。
  4. ユニットバス設置

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

鎌倉市「I2」様邸

【リフォーム】ユニットバス入れ替え工事

鎌倉市「I」様邸のタイル張り浴槽をユニットバスに交換する工事をします。

現在のタイル張り浴槽が、段差がある、浴槽が狭いので脚が伸ばせない、冷える。

ということでユニットバス交換工事を頂きました。

P3170040.JPG P3170041.JPG
1──────────2
 
P3170049.JPG P4200021.jpg
3──────────4
P4200046.jpg P4220001.jpg
5──────────6
  1. 現在の給湯器からの給湯管です。
    自然循環方式のため二本の給湯管があります。
    通称二穴式と言っています。
    これに反して強制循環式のものは通称一穴と言います。
  2. 給湯器は浴室を含めて三ヶ所給湯ですが
    配管中に亀裂があるらしく壁の中で水漏れをしていますので
    給湯口はキャップをしていますので給湯が使えません。
  3. 既存浴槽です。
  4. 土間はつり切り下げ工事中
    給湯配管が錆び錆です。
    このような工事のときに既存配管を取り替えたほうがいいと思いますので
    お見積の中に交換手間を入れています。
    その分の金額が出ますが自分としては将来的にここから漏水した場合には
    修理が大変ですのでこの際の工事をお勧めします。
  5. 給湯配管切り回し、土間打ち
  6. 現在の外部換気口はこのような形になっています

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓