横浜市泉区「K2」様邸

【リフォーム】バルコニー床材の交換では

バルコニー床材がグズグズになったのでということで、交換の仕事をいただきました。

杉板にペンキ塗りで仕上がっていて、一見傷んでいないように見えますが

バルコニー床に乗ってみるといかにも折れそうです。

剥がしてみると、下地材が腐っています。これは交換してよかったとおもいます。

桟をレッドシーダー材、床材を腐りにくいイペ材で交換しました。

一般に軽い材は腐りやすく、重い材は腐りにくくなっています。

材が重い = 内容が密になっているからです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P9080013.jpg P9080012.jpg

交換途中──────────交換途中2
P9080022.jpg P9100005.jpg
撤去後──────────新規床下地
P9100008-2.jpg P9110019.jpg

床材新設──────────完了
P9110020.jpg

全景

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください