日々つれづれな話

「オール電化」について思う事とは

09/05 「オール電化」について

今話題の「オール電化」ですが「オール電化」とは今まで「ガス」を利用して

いた「調理器」と「給湯器」の設備を「電気」利用にするということです。そ

うすることによりよく考えてみれば家中のすべてのエネルギーが電気を利用し

たものとなり、まさに「オール電化」住宅になります。

では「調理器」を電化にするというと以前から「電気コンロ」なるものがあ

りますが、最近は調理機器自体を発熱させる「IH」クッキングヒーターが主

流のようです。「IH」は熱のロスが少なく経済的で1月の料金は都市ガスと

あまり変わりません。また、「ガス」に比べてコンロ回り、換気フード、鍋な

どを汚さないしくみのため掃除の手間は大幅に削減されています。

ただ、土鍋は利用できないなどの調理機器の制限があったり、

電磁波の影響がはっきりしない、また料理にも多少制約があります。

一方「給湯器」を電化するというと「エコキュート」が有名です。

「給湯」コストはガスによる場合の約1/5、電気温水器の約1/3程度になります。

まだ世にでてまもなく寿命も定かではないとの理由から、

しばらく様子を見てから導入を考えても遅くはないと思います。そこで、

電気を利用した給湯としては、耐用年数の実績のある電気温水器を利用する

のはいかがでしょうか?

ランニングコストは「ガス」よりも安く、初期費用も「エコキュート」ほど

高価ではありません。

調理に関して手間をできるだけかけたくない方はIHクッキングヒーターを、

料理好きな方はハイカロリーバーナのガスを熱源に選ぶのが良いと思います。

IH

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください