電脳的社長ブログ1               > 日々つれづれな話 > 施主が望むものは金額ではなく内容であることを知るとき
日々つれづれな話

施主が望むものは金額ではなく内容であることを知るとき

INAXのリフォームネットに参加しています。

そちらから頂くプレゼンテーションツールで「かんたん道具箱」というものがあり

比較的かんたんにプレゼンテーションボードができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今までの失敗事例としては、新築の見積りでなるべく詳細に見積りを書いているのですが、

施主さんは建築では素人なのでなかなかイメージできず、いきおい値段の安い方向に行くらしく

あとから聞いてみると弊方のほうが施工単価的(コストパフォーマンス)にはお得だったのが

せり負けしているパターンがありました。

あとから見てみると文字だけでは業界の人間でないとわかりづらいと感じます。

平面図に画像を貼ってプレゼンボードを作ってはいますが、金額のかねあいがわからないし

住設機器のABCの3パターンのオプション(選択可能)を付けたほうが

選択した自分にもわかりやすいかなと考えます。

簡単道具箱

プレゼンボード例

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年9月24日火曜日 14:26:12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.