日々つれづれな話

毎年実をならせる果樹たちでは2

新人君に手伝ってもらい、柿もぎをしました。たくさん取っても食べきれませんから、

あとは小鳥用と木守柿になります。柿を取る時に使うのが多分通販で買ったのでしょう。

今は亡き父が用意してくれた、高枝きりはさみ。伸縮してうんと高いところの柿の実も

落とす事無く手もとに寄せる事ができます。すぐれでものです。

田舎で小さい時に柿の木から地面に落ちたことがあってそれから高所恐怖症になりました。

柿の木は折れやすいですので登って穫ってはいけないのが常識であると知りました。

もう少し気合いを入れて手入れすればさらにおいしくなるでしょう。

柿もぎ

おおよそ取り終えた柿の木

柿もぎ

収穫された柿の実

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください