日々つれづれな話

デザインの良いEVの充電キットでは

大手車両電装品メーカーからEV、プラグインハイブリッド車両充電キットの案内が来ました。

自立式のタイプもありますが、ぶつけてしまい勝ちな事と省スペースにならないので、

壁付けのこちらのタイプがスペース的にもデザイン的にも優れている気がします。

こちらのキットと電源工事で23〜26万くらいの工事費になるのではないでしょうか。

現在では水素仕様の乗用車の話が色々でています。電気使用の自動車(EV)が意外に売れていません。

ちらほらと見かけることはありますが、某ハイブリッド車のようにあちらにもこちらにも。

というレベルではなく滅多に。という程度のようです。走行距離が足りない事がネックになっている

というところでしょうか。水素仕様自動車では満タンで500キロ位走ることができるようですので

これから先の充填スタンドが整備出来るかがEVとの競合の決め手かもしれません。

静かで燃費が安くクリーン。というところがEVのメリットですね。たまにしか乗らない私には

EVのほうが故障対策にはいいかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

EV PHV

充電キット遠景

EV PHV2

充電キット近景

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください