日々つれづれな話

倉庫建物をカットして元に戻す時には

横浜市の方から倉庫の一部カットを依頼されました。別棟の建物の関係で斜線が当たると聞きました。

併せて、室内の棚を使いやすく直してほしいという事でそちらも調整する事になります。

基礎を打ち足し、建物解体、躯体カット、躯体組み立て、外装板金、棚取付け、基礎解体補修。

という順番で進めます。プリント鋼板の既存部分が陽によって焼けているところとそうでないところが

ありますので色の違いが目立ちますからあとで調整する必要があります。

斜線が絡みますから、ケラバのではなるべくぎりぎりまでカットする必要があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

倉庫解体補修

躯体とケラバをカットして元に戻している様子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2014年3月13日木曜日 14:16:14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.