生活のヒントブログ             > 日々つれづれな話 > 現場ラジオの不自然な大きさには理由があった
日々つれづれな話

現場ラジオの不自然な大きさには理由があった

大工職が現場でラジオを付けいている時に、ラジオのわりには少し体積が大きくないか?

と、考えまして当の大工に聞いたところ中はがらんどうだよ。という事で見せてもらいました。

このメーカーの技術からすれば、コンパクトにすることもできるのでしょうが使い勝手の良い

大きさという事でこのボリュームになっているのかと思います。

今風の仕様でデフォルトで上面にスマートフォンの充電スペースがありました。

メーカーに寄って、iPhone仕様とAndroid仕様が有るようです。こちらのメーカーは

Android対応でした。iPhoneは基本的にiTunesで管理していますから、iMacを持っている

というのが前提で、iPhone単独で使っているかたは多分少数派でしょう。Androidでは

単独で使っているかたが多いように思います。ですのでアップデートは速度の速いWi-Fiの

つながるところ等で行いますが、アップデートに失敗した時には元に戻すのがしずらくて

困っていると聞きます。iPhoneなら最悪工場出荷時、できるならアップデート直前まで戻せます。

スマートフォンはほとんどがパソコンと似たようなものですので不具合のあった時に

直すツールを用意しておかないと戸惑う事になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現場ラジオ  現場ラジオ2

違うメーカーの現場ラジオ──────────現場ラジオの中身

現場ラジオ3 現場ラジオ4

充電スペース──────────Android携帯

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください