日々つれづれな話

国際ハブ空港仁川の没落の原因とは

とあるサイトでかつて隆盛を誇ったと言われた朝鮮韓国の仁川国際空港の現況を知りました。

航空機の現在の飛行状況を知るサイトもあり、隆盛だという情報のわりに、平均飛行航空機が

仁川空港の回りに少ないということが以前から疑問でした。

下記の情報では、右肩下がりにトランジット(乗り換え客)が減っています。

トランジットは「ゼロサム」ですから仁川が減ればどこかが増えているはずです。

それが、中国は北米行きを直通便にし、日本では成田と羽田を強化したということが原因でした。

乗り換え以外に必要が無い仁川には魅力が無くなってきたという事でしょう。

信用を失い、魅力が無いサービスは廃れるという事になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハブ空港仁川の没

トランジット数の変化

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください