電脳的社長ブログ1               > 日々つれづれな話 > 【太陽熱温水器】必要でなくなった時には取り外す事もコストの節約
日々つれづれな話

【太陽熱温水器】必要でなくなった時には取り外す事もコストの節約

当社は茅ヶ崎市に在しますが、近くのかたから電話があり

何でも太陽熱ヒーター、太陽熱温水器から水漏れが有るので見てほしいとの事でした。

伺ってテストすると、雨が降っていないのに、ひどい雨降りのような水漏れです。

たぶん築20年は経っている事でしょう。

以前からポツポツと水漏れが出ているそうですが、今回は特にひどいようです。

設備にも、はやり廃りがあります。こちらの住宅の新築当時は太陽熱ヒーターが

エネルギー源の節約としてもてはやされた時期がありました。

どちらの屋根にもよく見られた光景です。

それから太陽光発電がはやりだすと、こちらはあまり見かけなくなりました。

屋根にある太陽熱温水器にはひとつ問題があります。

水を暖めて屋根でお湯にするのですから、水を水圧で屋根に上げます。

その分の重量がかかりますし、しかも集中荷重がかかりますので、

屋根のためには地震のこともあって、どうかなと思います。

端境期、移行時期には冷媒を循環させて地表にあるタンクの水を温水にすると言う方式が

一時ありました。水より軽い液体を循環させればそれほど荷重はかからないかもしれませんが、

その分コストがかかる事になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

伺ったこの日は台風接近に伴い朝方激しい雨がありました。午後から晴れた時の写真です。

水滴等の写真は動画ならともかく、静止画の写真ではっきり見える事はまれです。

それほど激しい水漏れであることがわかります。

写真ではメーカー名が見えますが、メーカーの批判ではないのでiPhotoでレタッチしています。

太陽に曝される事や経年劣化で部品が傷み、止水効果が薄れたのでしょう。

これから修理して使うにはこちらのメーカーに部品在庫があるかどうかと、

家族構成が変わってこのシステムをあまり必要としなくなったとお聞きしましたので、

修理出来たとしてもにコストがかかる事が予想されますから、取り外す事をお勧めしました。

現在の生活に必要な設備があれば事足りると思います。

オーバースペックではメンテナンス費用も含め、もったいないと考えました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

太陽熱温水器

太陽熱温水器現況遠景

太陽熱温水器2

現況近景

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月7日月曜日 08:11:07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.