日々つれづれな話

次世代のデジカメを検討するには

 現在使っているコンパクトカメラ(OLYMPUS μ7000)が段々ヘタって来ました。

レンズ部分の伸張で異音が出るようになると、寿命が終わり間近という気がします。

以前もそうでしたので。そうすると次の機種を探さなければなりません。

コンパクトデジカメを自分の場合は現場写真とともにブログやホームページの

材料として使っています。すぐに写真を撮る事ができて薄暗い中で等悪い条件でも

はっきりとした写真が撮れるというもので、かつ小さくて軽いもの。

作業服のポケットに入ってかさばらない。という条件があります。

私はMacユーザーで敬遠していたのですが週刊誌に成毛氏のコラムがあり、

読み物としては面白く的外れでない事を書いていると思いましたので、

機会あるごとに読んでいると、デジカメのことを取り上げていて有機ELは、

老眼に優しい。ということを注目していました。多分私と似た年代でしょう。

たしかに細かい画像等は眼鏡を外して凝視しないと見えません。

サイバーショットが見やすいなら助かります。ただし、現在使っているものの

二倍から三倍の値段には困りました。重量も重いですね。要検討です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Original RX100M3 img 01

 サイバーショット 100M3

P1010001

iPhoneの重量 169.0g

IMG 2901

OLYMPUS μ7000の重量 148g

 サイバーショット 100M3 仕様抜粋

有効画素数 約2010万画素
レンズ
レンズタイプ ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ(レンズ構成:9群10枚(AAレンズを3枚含む非球面レンズ9枚))
F値(開放) F1.8(ワイド端時) -2.8(テレ端時)
角度調節機能 上に約180度、下に約45度
ビューファインダー
記録
その他
その他の撮影機能 瞳AF、顔検出、個人顔登録、スマイルシャッター、クイックナビ、電子水準器 (水平垂直方向)、ホワイトバランスブラケット (3枚、H/L切り替え)、Dレンジオプティマイザーブラケット、MFアシスト、ピーキング (高/中/低/切)(色:赤/黄/白)、ゼブラ、マイク基準レベル、ステップズーム、自分撮りセルフタイマー
その他の再生機能 ブラビアリンク対応(HDMI機器制御)、インデックス表示(9枚、25枚選択可能)、縦横自動回転再生、スライドショー機能、早送り・早戻し(動画)、削除、プロテクト、モーションショットビデオ、ビューティーエフェクト
トリルミナスカラー対応
4K出力 ●(静止画のみ)
動作スピード *14 起動時間(約1.6秒)/撮影タイムラグ(0.16秒)/撮影間隔(0.6秒)
電子水準器 ●(水平垂直の傾きに対応)
言語表示 日本語
外形寸法(幅×高さ×奥行、CIPA準拠) 101.6×58.1×41.0 mm
質量(CIPA準拠) 約290g(バッテリーNP-BX1、“メモリースティック デュオ”を含む)/約263g(本体のみ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください