電脳的社長ブログ1               > 2リフォーム > 神奈川県 > 茅ヶ崎市 > 茅ヶ崎市「K8」様邸 > 【修理】ハウスメーカー製の軒天の交換で苦労することとは2
茅ヶ崎市「K8」様邸

【修理】ハウスメーカー製の軒天の交換で苦労することとは2

茅ヶ崎市「K8」様邸の軒天板金が仕上がり、材料屋さんが持参しました。納期がかかった理由は

最近ではどちらの大工職もなかなか予定が入らず、忙しくされています。材料屋さんもそうらしく、

余分に納期がかかってしまいました。新旧合わせての写真を撮ることができれば一目瞭然ですが、

現在は「新」のみの写真です。

表面は保護ビニールが張っていますから、色調がわかりにくいですがなるべく既存色に近いものを

選択しています。それを見比べて現地で色合わせをして、差異が大きい場合は塗装の予定です。

矩形で折り返し有りのものは製作依頼が簡単ですが、これは異形で立て樋の穴あけが有ります。

薄い板金ですと穴あけは苦になりませんが、こちらは肉厚ですので工場での穴あけが必要です。

サンプルを渡して同形近似色のものを。と指示していますので裏面を確認しました。

ハウスメーカーだけ有り、0.8ミリ厚は通常の屋根板金厚の二倍近く有りますから、

さほど大きくない1200ミリ × 500ミリ程度の寸法ですが重量が有り、重く感じます。

金属製化粧軒天を使うのはハウスメーカーの特徴ですので、ふだんそれらを使う仕様になっていない

木造の工務店としては修理がしにくい部分となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

軒天1 軒天2

表面(保護ビニール)──────────裏面遠景

軒天3

裏面近景

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月19日土曜日 10:41:30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.