電脳的社長ブログ1               > 2リフォーム > 神奈川県 > 藤沢市 > 藤沢市「T3」様邸 > 【リフォーム】浴室の入口サッシが外開きになっているのはなぜ?カバー工法で対応2
藤沢市「T3」様邸

【リフォーム】浴室の入口サッシが外開きになっているのはなぜ?カバー工法で対応2

前述、藤沢市の「T3」様邸の浴室サッシの採寸に伺いました。

このように浴室ドアが外開きになっていてさらに木製になっています。

明かり取りの部分がガラスになっていますから不具合のところが多いです。

外開き → 水が外にあふれる可能性、足拭きマットが置けない。

木製 → 腐食しやすい。

ガラス → 割れた時に危ない。

という問題が多く見受けられます。

出入り枠の部分をよく見てみると、最初に取り付ける時には浴室側に

開くように取り付けることもできたかもしれませんが、今となっては取り付け直しがむずかしく、

カバー工法で金属製(アルミ製シルバー色)を検討しました。

カバー工法の分、開口部が少し狭くなりますが、防水の件、足拭きマットのスペースを考え、

使い勝手が良くなると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IMG 0589

現況外側に開く浴室木製サッシ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                             ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月5日土曜日 14:34:48

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.