電脳的社長ブログ1               > 3修理 > 東京都 > 町田市 > 東京都町田市「K」様邸 > 【雨戸修理】すり減った木製雨戸レールの修理では
東京都町田市「K」様邸

【雨戸修理】すり減った木製雨戸レールの修理では

町田市「K」様よりすり減った木製雨戸レールの修理の打診をいただきました。

最初は┗┛の形になっていた木製雨戸レールがすり減って、Uの字の形になってしまった訳です。

溝がだんだん減ってきましたので雨戸の戸首のストロークが足りなくなって外れかかっています。

金属製の雨戸ですと、戸首と足元に多少の調整余地があるのですが目一杯延ばしているようです。

もはや調整の余地はありません。

木製雨戸レールをアルミサッシに替えることも可能ですが、雨戸一体式の雨戸ですし、

また、壁に塗り込められていますので壁の補修も必要になりますから、費用も高額になります。

雨戸レール溝を削って金属板(アルミか真鍮:しんちゅう)を埋め込むことを提案しました。

その他の部分も、築年数がたっていますから、所々傷んでいます。点検補修が必要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

敷居 敷居2

雨戸レール遠景──────────雨戸レール近景

戸袋内1 戸袋内2

戸袋内遠景──────────戸袋内近景

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月4日金曜日 10:51:16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.