電脳的社長ブログ1               > 3修理 > 【門扉修理】フランス落とし連動の門扉取手には
3修理

【門扉修理】フランス落とし連動の門扉取手には

茅ヶ崎市のかたから、門扉取手の修理を依頼されました。

この門扉は、取手とフランス落としが連動になっていて その噛み合わせの金具が、

長年の間に欠けてしまったように見えます。

そのため施主さんが調整してもなおらないとお聞きしました。

通常ですと、かんぬきの形になっていますので、

フランス落としが機能しなくとも 差し支えないのですが、

この場合はこのフランス落としがないとドアが固定できません。取り替えが必要です。

P1010007.jpg

固定できないドア

P1010006.jpg

フランス落とし

P1010002.JPG

赤い丸印の金具がフランス落としと 連動する部分です。

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月4日金曜日 04:17:31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.