生活のヒントブログ             > 3修理 > 【修理】店舗用自動ドア故障の点検修理には
3修理

【修理】店舗用自動ドア故障の点検修理には

自社の玄関自動ドアがスムーズに開け閉め出来なくなりました。

早速メーカーのメンテナンスに点検をしてもらったところ

二個のセンサーのうちの一個が壊れており、交換の必要があるとのことでした。

10年超この自動ドアユニットを使っていますので寿命という事でしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自動ドア

このセンサーに不具合がありました。正しく感知しないのです。閉まる方向にのみ信号を出します。

メーカー担当者によるとこちらのセンサーユニットの交換でスムーズに開け閉めが

出来るようになるという事でした。自動ドアはセンサー、コントロールユニット、モーター、

ベルト等の部品群で構成されていますが、各製造メーカーが企業の合従連衡でおのおのの部品が

製造中止になっていまでは同じメーカー製の物が手に入らない事があると聞きました。

もちろん代替品はあります。

製品は進化し、枠巾が100ミリあれば、枠巾に自動ドアユニットがビルトインできるという事です。

部品群がサッシ枠に入れる事が出来ればもっとすっきりした納まりになると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください