生活のヒントブログ             > 日々つれづれな話 > 新規購入した草刈り器と旧型器の使用感比較
日々つれづれな話

新規購入した草刈り器と旧型器の使用感比較

11/28 新規購入した草刈り器の使用感

今まで使っていた草刈り器が、部品の消耗、欠落等が出てきたのでで新規に購入しました。

使用感が違う事もあり、比較表を作ってみると刈り刃のトルクに大きな違いがありました。

日立のは購入から時間が経ったせいもあり、力の衰えを感じます。

その分回転を上げて硬い茎のものを刈りますが、回転軸に草がからむ事がたびたびでした。

マキタは回転を上げなくとも、回転軸に草がからむ事が少なく、

からんでも、草刈りをしているうちにはずれます。

使い勝手が大変良いと感じます。(同じ径、同じ刈り刃を使用しました。)

そのほか、表現がしにくいのですが、茎の太い雑草がたくさん生えていて

下が土の場合にはなるべく茎を土の近くで切りそろえたいので

切り刃を地面ぎりぎりまで下げて刈ります。

それがマキタMEM212の止め金具をガイドにすると刈る事が出来ました。

日立CGE1ではそれが出来ませんでした。

しかし、止め金具の工夫で使いやすく出来るとおもいます。使ってみて始めて分かりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

草刈り器の使用感比較表

 
メーカー品番 マキタMEM212 日立CGE1
購入年月日 10/09 不明10年超
草の絡み ほとんどからまない 5-10分ごとに取外す
タンクガード なし あり
作動音 低音 高音
トルク
エンジンガード 樹脂製 金属製
刈刃 チップソーφ240 チップソーφ240
全体的使用感 草がからまないので使い勝手が良い 草がからんで使いにくい
その他 刈り刃の止め金具をガイドにして草を刈り揃える事が出来る タンクガードがあるので水平に置くときに安定

 

IMG_0468_2.jpg P8190003.JPG

日立23E1──────────マキタMEM212

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください