電脳的社長ブログ1               > 日々つれづれな話 > 【太陽光発電】太陽光発電の補助金と設置の経費運営試算
日々つれづれな話

【太陽光発電】太陽光発電の補助金と設置の経費運営試算

太陽光発電の設置工事費用ですが国の指針でキロワットあたり65万円/kW以内の費用に対して

補助が出ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ソーラーパネル + 取付架台 + パワーコンデショナー + 接続箱 + 表示器 + 工事費 のセットです。

(注)消費税抜きの関連費用全部で電気幹線が古い場合の張り替え費用も含みます。

10年から15年前くらいですか、以前は電気幹線工事が外壁をまわしていましたので

風雨にさらされて劣化が進みます。その反面取替が楽です。

現在は隠蔽が殆どです。

——————

太陽光発電パネル(モジュール)が一枚当たり210ワット(W)として

ソーラーパネルは6枚単位のグループ分けをすることが設置の際好ましいので

なるべく6の倍数にします。

採算ラインに一番近いのが3kW超ですので、

210ワット×6枚×3グループ = 18枚(3.78キロワット)ですので、

65万×3.78キロワット = 245万円 が設置費用になり、

補助金は一割程度(注 各自治体によって違います)ありますので

概算で220万かかる計算になります。

電気料概算

暖房に電気を使われている普通のお宅ではもっと使うかもしれませんが、

電気代が220万に達するのが ¥10,000/月 → 18.3年

              ¥15,000/月 → 12.2年
  
              ¥20,000/月 → 9.2年

で、モトが取れる計算になります。

実際に設置されると、エアコン、電灯などの電気製品などをこまめに消すようになりますので

心理的に電気料金を押さえるようになるようです。

伝聞ですが8年で元が取れたという方もいました。

売電価格が高くなっている今年度中に設置されたほうがお得かな。と私は考えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

 

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月1日火曜日 06:24:58

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.