茅ヶ崎市「I2」様邸

防犯ガラスの必要性を感じる時では

茅ヶ崎市「I」様より、近所に泥棒がはいったとのことで見て欲しい。

と、連絡がありましたのでサッシ屋さんと二人で早速訪問しました。

奥様に御話を聞くと三軒先の住宅に泥棒がはいり、

その後「I」様庭に誰のものかわからない足跡がついていたということでした。

警察の方が見回り時に「泥棒の手口はバーナーでガラスを焼ききって壊すのだけど、

お宅はペアガラスになっているので手間がかかるのでやめたんではないだろうか。」

とのお話だったそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当社の標準仕様のペアガラス(普通ガラス)が防犯上功を奏したことになります。

泥棒はだいたい5分以上かかる作業はしないそうで開け閉めに手間がかかる

玄関、窓は防犯上有効になるというものです。

ちなみに「I」様宅はすべてをペアガラスにしています。

201201100805.jpg

茅ヶ崎市「I」様宅の厨房内観

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年9月26日木曜日 15:07:22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.