藤沢市「N」様邸

リフォームで気がつきにくい部分 外壁の隙間では

先日「建物が傷んだんで見てほしい。」と藤沢市の「N」様から話をいただいて

現地へ伺うと、ペンキの剥げたところや、屋根の傷んだところについて説明受けました。

家主さんとしてはそのようなところには注意が行きますが、このような部分は無関心です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

じつは、このようなコーキングの目地切れや壁の割れ目から雨水が浸入して

腐食が進むほうが怖いと自分は思います。

このような部分を中心に修理したほうが良いとお客様に忠告しました。

201201090334.jpg 201201090334.jpg

雨水の浸入に注意すべき外壁の目地切れ(コーキング切れ)部分

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年9月26日木曜日 08:14:37

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.