生活のヒントブログ             > 其の他、その他 > 断熱 冷暖房 > 断熱の工法について内断熱外断熱の考え方の違い
断熱 冷暖房

断熱の工法について内断熱外断熱の考え方の違い

この間も会社に問い合わせがありましたが、住宅を建てるにあたり

断熱を内断熱にするか外断熱にするか迷われる方が多いようです。

また、書店で本を買って調べようにも「内断熱がよい」「外断熱がよい」といった

相反する主張の本がお互い一歩も譲らす、といった感じでいったいどっちなのか

余計に分からなくなってしまいます。

この件について、私も気になりましたので、それらの本に書かれてる内容を

いくつか実際に読んでみたり、それとは別に、巷の情報を集めたりしてみました。

結果から申しますと木造住宅に関してはどちらの断熱方法を選んでも大差がないのです。

ただ、気をつけないないといけないのは、どちらの断熱工法を選ぶにしても

防湿シートや断熱材は隙間なく丁寧に施工することが大切です。

断熱に関してはその工法に悩むより、信頼と実績のある工事店を探すことに

力を注いだ方が良さそうです。

ちなみに私どもでは、費用もそれ程かからない内断熱をお勧めしています。

断熱

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください