工具 ツール Archive

工具 ツール, 日々つれづれな話

【ちょっとした便利グッズ】ポケトーチ

自分が愛用しているちょっとしたツールに「ポケトーチ」があります。

作り的にはそれほど頑丈でないのでそれほど持たないでしょうが、そこそこ使えます。

メインの用途は墓参の時に線香の着火です。

過給器(ターボ)式になっていますから火勢が強いので風が強い日でも苦になりません。

しかし、長く使うと火口(ひぐち)が熱くなりますので、冷ましてからしまう必要があります。

便利なツールなんですが、コンビニで補充用のライターを探してもなかなか見つかりません。

TOKAI社製で幼児用対策がないライターでしかも胴部分が六角になっているのはなかったので、

困っていたところ、アマゾンでポケトーチからのつながりで、たまたま見つけました。

安全対策がされていないライターはさすがに普通のルートには出せませんね。

ポケトーチ

ポケトーチ

ポケトーチ2

ポケトーチ用ライター

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

工具 ツール

【便利グッズ】名刺読み取りのiPhoneアプリ

名刺読み取りをiPhoneアプリCardCam

殆ど仕事をしていませんが、時として名刺をいただきます。

いただいた名刺はデータベース(FileMaker)に取り込んで次回の利用に備えます。

その入力作業が面倒になってきましたので、iPhoneの名刺読み取りアプリで入力を代替できないかと

「iPhone 名刺読み取り」で検索したところ何点かヒットしましたが、無料で使い勝手が良さそうな

こちらを選択しました。

iTunesStoreでこちらをダウンロードしてインストール。

読み取りのミスが多少有ったのはご愛嬌。

いざ使ってみると意外に便利で驚きました。

みどりの枠の中で名刺をiPhoneカメラでウォッチしていると、自動的に名刺がスキャンされ、

データが読み込まれます。

そしてCardCamアプリ内で一覧になり、その後、iPhoneアプリ、連絡先に同期されます。

便利です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

CardCam

iTunesStoreでのダウンロード

CardCam2

自動的に名刺読み取り、スキャン 

CardCam3

読み取り後のデータ一覧

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

工具 ツール

【工具 ツール】ちょっとした草刈りに便利な電池式草刈り器

自宅周囲に雑草が目立つようになりましたので草刈りをしようとして、ハタと考えました。

エンジン式の草刈り器を出して刈るほどでもありませんし、電池式のバリカンでは

刃の形状からして密生している雑草は刈りにくく、効率が悪いので適当ではありません。

そこで、電池式の草刈り器が有るのを思い出しました。

刈り刃がチップソーのものと、ナイロンコードが有りましたのでナイロンコードのものを買いました。

狭い場所での草刈りでは、際刈りが主になりますので、ブロックや樹木の枝を傷つける金属製の刈り刃

チップソーでは具合が悪いのです。

しかし、この樹脂製ナイロンコードは金属製に比べ摩耗が激しく減った分伸長しなければなりません。

はめこみ式コード収納部のカバーを一旦はずして伸長するのが手袋をしたままですと、

爪の部分がなかなか押し込んではずしづらく、「能率が悪いな。」と感じます。

出たての頃のナイロンコード刃一本ずつの交換よりはコードが巻き込まれていて

ずいぶんと便利になっているはずですが、

自動伸張だと楽なんだけど。という贅沢な悩みがつきません。

さらにもうひとつのデメリットは、雑草の間に小石が有るとコードの遠心力ではねとばしてしまう。

という問題があります。

ですので、エンジン式の草刈り器にナイロンコード刃をつかうと、自分自身に跳ね返って来たり、

通りがかった車のボディーに当たってしまったりしますので、それが気になります。

いずれの刃も一長一短でしょうか。

猫の額ほどの庭ですが、15分から20分の連続使用に堪えますからほぼ満足と言えます。

以下は自分の個人的意見です。

草刈り器など汎用の電気器具メーカーは多々ありますが、後発の釣り具もやっている「R」社の

ものは安価ですが華奢で壊れやすく、使い勝手に満足する事ができません。

いまいちなのです。値段で飛びつくと後悔します。

大手「M」社と「H」社はパワーが有って頑丈ですが格好よく有りません。

ドイトなさる方には好まれないでしょう。機能重視の職人さんは上位二社を選択するとになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

電池式草刈り器 電池式草刈り器電池式草刈り器 電池式草刈り器電池式草刈り器7 電池式草刈り器8電池式草刈り器6 電池式草刈り器6

マキタ電池式草刈り器

──────────後日談

その後、「草刈り器 樹脂製 刃」で検索した所、

https://www.bildy.jp/power/c777c1015/p29167/から、樹脂製の三枚羽の刈り刃が有ることを知り

こっちを先に買っておけば良かったと反省。

マキタ草刈り器

三種類の刈り刃

──────────後日談2

販売サイトで色々探したところ、樹脂刃の適用草刈り器に自分が購入した品番が見当たらないため、

当該メーカーに直接電話して確認したところ、「つきません」という明確な返答が有りました。

残念ながら諦めることにしました。

次に「ナイロンコードが自動伸張しないいんですよね」と愚痴ったところ、

「いえ、回転している時に一二回地面をつけば伸びますよ」とのことでした。

この機能が有るのを知りませんでした。さらに、アタッチメント(¥1200円相当)を

交換すればナイロンコード付きスプールが購入できるそうですので、

これで一層草刈りが楽になります。問い合わせて助かりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

工具 ツール

【工具 ツール】100円ショップで見つけた 扱いやすいペーパーナイフ

不要な塗料をこそげとったり、うすい部品を押し込んだりする治具を欲しいなと思っていた時に

¥100円ショップで、こちらを見つけました。

かっこいいペーパーナイフなど、ネットで検索するとみつかりますが、厚みや形状、しなりなどで

なかなか気に入るものがありません。

100円ショップで粗悪品、消耗品などばかりと思っていました。

試しに買ってみた所、厚み、長さがちょうど良く、さらに持ち手が木製ですので、

シンナーなどにも堪えられます。

作業していると、薄くてしなるという特徴が必要になりますので、これがちょうどいいわけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IMG 7279

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

工具 ツール

【工具ツール】自分が気に入っている玄翁(げんのう)

自分が気に入っている道具です。玄翁(げんのう)トンカチです。玄翁の大きさは匁(もんめ)で

あらわしますが、これは玄翁の内でも小さいほうで取り回ししやすいものです。

なぜ気に入っているかと言うと、把手は木製のものが多いのですがこれは樹脂製になっています。

さらに、把手に車のラジエターのフィンのようにひだがついていますから、手で持った時に

暑い時でもべたつきがありません。そのうえ、すべりません。

軽くてすべりませんから扱いやすく重宝しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IMG 5259

軽めの取り回しがいい玄翁

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

工具 ツール

ちょっと違うゴルフ場の芝刈り機

とあるゴルフ場に行った時に見かけた草刈り器です。市販されているこの手のものは手もとに

エンジンがあり、刈り刃ごとガードしているものはあまり見かけません。珍しいので職人さんに

草刈り器を止めてもらい見せてもらいました。エンジンの重さで刈り刃上の覆いを抑え、

また、その覆いで苅ったあとの芝の飛散を抑えるという実に理にかなった芝刈り機です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

草刈り器1 草刈り器2

ゴルフ場で使っている芝刈り機

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

工具 ツール

無骨なガス注入式ターボライター

お盆等に重宝するターボライター。ここまで無骨なものは見た事が無いので

珍しいので使っている人に見せてもらいました。尻のキャップのねじを外してガスを注入します。

便利だなと思うところは、キャップにリングがついているところ。

細いチェーンか紐を付けていればなくす事は少ないと思います。

「ターボライター」で検索しましたら、Amazonで売っていました。

煙草をやめましたので今はいりませんが、来年の夏になったら欲しくなるかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ターボライター ターボライター

ターボライター

ターボライター

Amazonにて

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

工具 ツール

たまにしか使わないけど便利な部品のブラインドリベット

たまにしか使わないのですが、必要なときもあるのがこの「ブラインドリベットです」

薄い板金を下地に一枚止めるのには、通称タッピングビス(リーマテックス)を使えばいいのですが、

薄い板金同士を二枚止める時にはポップリベットでないと隙間無くかしめる(固定)事ができません。

そのための専用工具が必要ですが、たまにしか使わないですが便利な部品です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブラインドリベット

ブラインドリベット(アルミポップリベット)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

工具 ツール

ちょっとしたメンテナンスの工事に必須な「ノギス」

ノギスを使っていましたが古いものが紛失してしまいましたので新しく買いました。

工具箱のスペースに限りがありますし、それほど大きなものを計測することはありませんので

小さいもので充分です。私は工業高校出身ですのでノギスには拒否反応がありません。

ビスを揉む時にちょうどいい下穴をあける時にキリ先(ドリル刃)を調べる時によく使います。

小さいビスを計る時には黒字に白のほうが見やすいのですが、それはカーボン樹脂製ですので

割れヒビ欠けが怖くていつも金属製にしています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ノギス ノギス

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

工具 ツール

左官やさん御用達のウインチ補助具では

ちょっとくらいところでスマートフォンで撮影したので少しピンぼけです。

HDRオンにしたのですがiPhone5ですからしょうがありません。

在来軸組木造工法、いわゆる町場の現場では外壁仕上げをモルタル下地とすることがまだあります。

そこでは左官やさんが地上で練って足場の上でもう一人が下塗り、中塗りをする。ということが

多々あります。そのときに活躍するのがウインチとこのツールです。

名前が出てこないのが残念です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

左官やさん用のウインチ

外壁モルタル塗りの時に活躍するツール(単管用)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓