茅ヶ崎市「Z」様邸 Archive

茅ヶ崎市「Z」様邸

【現場調査】台風一過の修理では

あちこち壊れたので見てほしいと言うご依頼を受けました。

そのなかで藤沢市の「O」様宅では屋根の棟包みが強風で剥がれて飛んでしまったと

お聞きしましたとのご連絡をいただきましたので、早速伺い、点検をしました。

屋根に影響が有り、雨漏れになると大変です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

棟包み支障無い部分

支障無い部分

はがれてしまった部分

剥がれてしまった棟包み先端部分

図2の部分では下地の木から剥がれてしまっています。棟包みの板金から雨漏れがしないものの

下地の木を押さえている釘の周囲に長年の湿気で水分がたまって木が腐り

そこがよわくなって強風で剥がれた。となったようです。

これはあらかじめ予防すると言うのは困難ですので、定期的にメンテナンスをすると言うことを

お勧めします。具体的には、五年ごとの外部点検、メンテナンスですね。

——————後日談

近くのホームセンターにちょっとしたものを買いに行ってみましたら

駐車場が一杯で入れませんので帰ってきました。

みなさん、休みの間にご自分で直せる部分は。とお考えなんでしょうね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

茅ヶ崎市「Z」様邸

【修理】介護施設でのサッシ枠へこみの修理では

茅ヶ崎市の「Sh」様邸のサッシ枠の修理に伺いました。

介護施設の厨房から食堂への出口引戸サッシです。

開口部を大きく取っているものの、トレーを運ぶ機械が大型で重量もあり

余裕が無いため、サッシ竪枠にあたって、長年の間にサッシが凹んだり切れたりしたものでした。

サッシの四方がタイル巻になっていますので

サッシ枠ごと取り替えるのは、毎日食事のご用意の為、工事が時間的に余裕が無い事もあり

部分的な補修と緩衝材(クッション材)の取り付けの提示をしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

写真 2.JPG IMG_0298.jpg

1──────────2

sekoyotei.png 写真 3.JPG
3──────────4
IMG_0310.JPG 写真 4.JPG
5──────────6
  1. 普段使用されているトレー運搬機
  2. 衝撃でサッシ竪枠が切れている部分
    切れていない部分は曲げ戻し
  3. 施行予定のプレゼンテーション
  4. ステンレスの当て板を取り付けたところ
  5. 緩衝剤断面図、空洞部分が緩衝になります。
  6. 緩衝材(クッション材)を取り付けたところ
    注意喚起の為に黄色の材を取り付けてあります。

──────────後日談、感想

たしかに、医療施設、介護施設では担当者様との打ち合わせと工事のタイミングは

時間の制約を受けてむずかしいことがあります。お打ち合わせの時間がなかなか取れないのです。

また、工事をするにあたっても時間がタイトで指定されますので

待ち時間もあり、お受けしづらいというのが実情です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓