茅ヶ崎市「D」様邸

トイレ床はやっぱりCFのほうが掃除がしやすい

茅ヶ崎市の「D」様邸の修理見積もりはこちらのほうが本題です。トイレの床がフローリングに

なっています。フロアが傷んでいるので施主様は張り替えたいという事でしたが、湿気に強く、

掃除がしやすいようにするために私はCF(クッションフロア)をお勧めしました。

通常のお宅は施工上それで問題ないのですが、「D」様邸は廊下とトイレの境の床に、

仕切りのための敷居がありません。トイレ用のスリッパを置くのに支障が無いように

通常は60ミリくらいの高さのもの、敷居がありますが、こちらはそれがありません。

既存フロアの上にCFを張りますから、トイレの出入りで端がめくれないように「への字」プレート

というものをCFの上から取付けます。ですので五ミリくらいトイレ床が高くなります。

そのときにドアが床に擦れないか、どうかを調べて、もし擦れるならほんの少しだけ

ドアを上に上げて調整しようと思って丁番を計っているわけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IMG 4404

丁番の径を計る

丁番2

丁番の長さを見る

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください