生活のヒントブログ             > 其の他、その他 > 工具 ツール > 本職の大工でも普段の修理仕事では電池式丸ノコで充分
工具 ツール

本職の大工でも普段の修理仕事では電池式丸ノコで充分

コソクリ(ちょっとした大工工事のこと)をしている時に大工職が使っている丸ノコの使用音が

ちょっと甲高く聞こえたもので手元を見るとコードレス。電池式の丸ノコでした。

「パワーが足りないんじゃないの?」と聞くと、たいていの修理仕事ではこれで足りるとの事、

よっぽどの木造造作仕事ではコード式の丸ノコが必要だそうです。

掘鑿深さに制限がありますが、それほどの大きさのものは造作仕事では必要ありません。

ためしに持ってみるとφ160やφ180のコード式丸ノコよりもずいぶん軽く感じます。

やはりどの職のものも軽くて簡便の道具、ツールのほうが使い勝手がいいのがはやりです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

電池丸ノコ 電池丸ノコ 電池丸ノコ

電池丸ノコ近景

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください