電脳的社長ブログ1               > 日々つれづれな話 > 【恒例の話】年末に向けての壁塗りなどの塗装工事では
日々つれづれな話

【恒例の話】年末に向けての壁塗りなどの塗装工事では

消費税がらみでなくとも、年末になると壁の塗り替え、屋根の塗り替えなどの塗装工事が

増えて来ます。しかもその最終期限がいずれも年末まで終わらせなければならないと言うものです。

それにつれ足場の解体も正月の時にきれいに過ごして頂くために年内に終わらせねばなりません。

現在工事中の現場のすべての期限が一緒になってしまうわけです。そうなると皆さんが焦ります。

「いつまで終わるの?」というご連絡をいただいて、私が返答に窮することになりますが、

現在の工事の事情をお話しして、ご苦情をいただきながらもご理解をいただくと言う、

私にとってはつらい時期になりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Logo

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年11月22日金曜日 13:04:40

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.