横浜市栄区「T2」様邸

【修理】這樋(はいどい)が雪で外れた時には

横浜市栄区「T2」様邸の修理に伺いました。

なんでも、玄関上の樋が外れて、雨がかかるのでなんとかしてほしいとの事でした。

伺ってみると、這樋が外れて浮き上がっています。

木造住宅は樋の固定等に動線の細いものを使いますから、雪の移動で切れてしまったのでしょう。

樋が浮き上がっているのは、エルボの角度 < 屋根勾配、ということです。

屋根勾配ごとの樋のエルボはありませんから、こうなってしまいます。

あまり無理をしない程度に抑える必要があります。

軒樋に小さい穴をあけて、樹脂製結束線(タイラップ/インシュロック)で固定しました。

銅線でも良いのですが、切れてしまうと同じ事になりますので。

当座はこれで、少し様子を見たほうがいいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

這樋1

雪で問い固定の金具が外れ、這樋が浮き上がった状態

這樋2

這樋を樹脂製ヒモで固定した状態

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年10月5日土曜日 06:19:20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.