電脳的社長ブログ1               > 2リフォーム > マンションリフォーム > 【リフォーム】床下地施工時の作業効率のための工夫された材料では
マンションリフォーム, 東京都足立区「W」様邸

【リフォーム】床下地施工時の作業効率のための工夫された材料では

配線、配管をしたあとに床下地を敷きます。その際に便利な材料を使います。

ピッチ@600ごとに支持脚を配置して微調整をします。

そのときに一個ずつねじ式で敷き並べしつつ調整では大変です。そこで一旦全部床を並べたあと、

脳天(支持脚の真上)から電池ドライバー等で高さの微調整をして床下地を水平にして行きます。

注)脳天:材料の真上から作業すること。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

支持脚図

0vI1f3.jpeg PA240024.JPG

床下地材取り付用束──────────プラ木レン

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

木造住宅のためのメンテナンスと修理のためのヒントを書いています。少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年9月30日月曜日 16:48:04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


You can add images to your comment by clicking here.